ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おや? アルトワークスの中古車市場が……流通台数増加で最安値帯に要注目!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

▲「ワークスをもう一度」という声に応えて登場したスズキ アルトワークス。この車名の復活は約15年ぶり。専用の5速MTに加え、レカロシートなど走りに特化したグレードとなっています

アルトワークスの中古車市場に異変が

昨年12月に発売されたスズキ アルトワークス。2000年に先代のアルトワークスの生産が終了して以来、約15年ぶりの復活となりました。ベースは好評を博している8代目アルト。車重600㎏台という軽さはそのままに、フロントシートにはレカロ、そして要望が多かったという5速MTが選択できるようになったのがトピックとなっています。

そして現在、アルトワークスの中古車市場はどのようになっているのでしょうか。実は発売から半年が経過した今年6月から、ある変化が起きています。流通台数が激増、平均価格の下落が始まったのです。

▲グラフは2WD、MT仕様の中古車の流通台数と平均本体価格を表したもの。流通台数が一挙に増加、それにともない平均本体価格が140万円台後半から前半へ突入しています。アルトワークス全体でもこの傾向は同じで、流通台数増加と平均価格の若干の下落がセットで起こっています

走行距離わずかの物件が目白押し

8月1日現在、現行型アルトワークスの中古車流通台数は111台。この1ヵ月ほどで一挙に100台以上へと増えました。そして平均本体価格はというと、140万円台後半から前半へと下落が始まっています。

アルトワークスは5MT仕様とAGS仕様、そしてそれぞれに2WDと4WD……ということで大きく分けて4つの仕様があります。流通台数が最も多いのは5MT、2WD仕様で、約70台と6割以上を占めます。

4WDを合わせたMT全体では約100台、9割弱となるため、アルトワークスの中古車のほとんどがMTとなります。

どれも走行距離は5千km以下。5万kmではなく5千kmです。加えて修復歴もなしと、数値を見る限り使用感は少ない物件がほとんどでしょう。

オススメはその5MT、2WD仕様の最安値帯。具体的には総額150万円以下の物件です。10台程度と少ないものの、ようやくこの価格帯の物件が出てきました。

浮いたお金で1万km以上走れる!

新車時の価格は約150万というアルトワークス。ケースバイケースですので一概に言えませんが、諸費用を考えると160万円~というのが必要な金額ではないでしょうか。ということは、中古車物件の最安値帯の物件との差額はおそらく10万円+αといったところ。

大きな差額かというと難しいところですが、中古車であることをよしとするだけで、その金額が浮くわけです。そして大切なのは、この車がアルトワークスということです。

発売がアナウンスされた際、資料には「『クルマを操る楽しさを追求し、さらに走りを磨き上げた軽ホットハッチ』を目指した」とありました。つまりは走ってナンボ。スコスコと入っていくミッションも、600㎏台の車重からくる軽快さも、走ってこそその楽しさが実感できます。

差額の10万円+α、まあ切りよく10万円と考えても、8月1日時点のガソリン価格で計算すると893L分(レギュラー112円/Lで計算)になります。渋滞などに巻き込まれたり、ついつい高回転まで回してしまったと仮定して、控えめに15km/Lの燃費となったとしても、1万3000km以上走行できる計算です。

アルトワークスを狙うなら、ただ購入するだけでなくその走りを楽しむなら、中古車の最安値帯を狙うという選択肢がオススメです。少しでも安く手に入れて、思う存分その走りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

▲ワークス専用装備となるフロントのレカロシート。身長160cm台~170cm台の編集部員が座ったところ、高いホールド性ながら窮屈感はありませんでした

▲MTやその軽量ボディに注目が集まりますが、ベースのアルト譲りの居住性も健在。後部座席は大人の男性が乗っても足元のスペースに余裕があります

▲搭載される5MTはクロスレシオ化された専用品。ショートストロークで、わずかな動作で変速が可能です。エンジンのレッドゾーンは7000回転からです

【関連リンク】

スズキ アルトワークス(MT仕様)の中古車をみてみるtext/編集部

photo/篠原晃一、スズキ、編集部

関連記事リンク(外部サイト)

911人気の今だからこそ選ぶ、玄人好みの「FRポルシェ」
友よ、100万円台の現行ボルボ V40で(適度に)シブい中年を目指そうじゃないか!
燃料計が一気にE(エンプティ)に!?【タントカスタム編・東京スマート軽ライフ】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP