体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

床拭きロボット『ブラーバ』に新モデルが登場 ジェットスプレーで水を噴射しながらゴシゴシ掃除

デジタル・IT
IMG_0036

アイロボットの日本総代理店セールス・オンデマンドは、床拭きロボット『ブラーバ』の新モデル『ブラーバ ジェット』を発表。『アイロボットストア』価格は2万9880円(税抜き)で、8月26日(金)から全国の百貨店、家電量販店、およびアイロボット公式ストアにて販売を開始します。8月4日(木)、都内で同製品の記者発表会が開催されました。

IMG_0012

『ルンバ』シリーズが掃き掃除を得意とするのに比べ、『ブラーバ』は足跡などの皮脂汚れやキッチン周りのベタつき汚れを拭き取る動作に適しています。

IMG_0098

『ブラーバ ジェット』は従来の床拭き機能に加え、ジェットスプレーで床に水を噴きつけ、クリーニングヘッドを細かく振動させることで汚れをこすり落としてくれます。

会場では、床に付着した絵具の汚れをキレイに拭きとる様子が実演されました。行ったり来たりしながら、一生懸命に掃除する姿が非常にキュート。ルーティーンの動作で水を噴射するのではなく、装着したパットの乾き具合を感じ取って水を追加するあたりが賢そうです。床がビチョビチョになる心配はありません。

IMG_9922

発表会に登壇したアイロボットのCOOクリスチャン・セルダ氏は、開発に際して日本人のニーズを深く反映したことを説明しつつ、「日本人は子どもの頃から“雑巾がけ”に親しんできました。そして、世界中のどの消費者と比べても、隅々の細かい場所までキレイであることを望んでいます。『ブラーバ ジェット』は、消費者に代わってそれを実現してくれます」と語りました。

IMG_0124

デザインも日本市場で受け入れられることを意識し、178mm(幅)×170mm(奥行)×84mm(高さ)のコンパクトなボディで、重量は約1.2kg(バッテリー装着時)。取手が付いているので、楽に持ち運ぶことができます。ボタンをワンタッチするだけで動き出し、『iRobot HOMEアプリ』を通じてスマートフォンから操作することも可能です。

1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会