ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カニ爪がピースしている! 紋別にある「西や」のラーメンが色々と楽しい!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:mesitsu_lc:20160627145832j:plain

北海道・紋別市。

浜風が吹きつけるこの街に、何やら変わったラーメンがあるというのです。

札幌から約270キロ離れた紋別。

東京換算で考えると新宿から静岡県浜松市までの距離に相当。

う〜ん、ラーメンのためだけにこの移動距離かと悩みましたが、

自分を止められません!

だって……。

「西や」で販売されているメニューの名前が……。

「オホーツクラーメン」ですよ?

さらに「ガラムマサララーメン」ですって!

はい、しゅっぱ〜つ!

ドライブのはじまり、はじまり〜

f:id:mesitsu_lc:20160627145838j:plain

広い北海道を走り回って、美味しい食べ物を探しています。

メシ通レポーターの裸電球です。

今回は長距離運転に慣れている北海道民でもドキッとしますね。

紋別まで行ってラーメンを食べてこようと思います。

札幌からですと片道4時間ほどなので、

観光しているヒマはないですよ。

紋別に着いたら、すぐ食べて、すぐ帰る。

う〜ん、なんともハードコアな旅になりそうです。

f:id:mesitsu_lc:20160627145833j:plain

わわ!

飛び出してきました。

f:id:mesitsu_lc:20160627145834j:plain

キツネの登場です。

こんな感じの長距離運転、一筋縄ではいきません。

きつねくらいなら可愛いものです。

北海道はリアルにクマが出ますからね。

f:id:mesitsu_lc:20160627145836j:plain

山道を走り、ちょっと疲れたので休憩をしていると。

藪がガサガサと揺れます。

くっ……クマか!?

クマなのか!?

f:id:mesitsu_lc:20160627145835j:plain

安心してください、鹿ですよ。

……いや、クマじゃなくても怖いです。

鹿、近くで見るとめっちゃデカイです。

今にもこっちに突進してきそうな顔で見てきます。

ちなみにこのあと紋別市外までの道中に、

キツネ×1、鹿×3に遭遇。

飽きさせないです、北海道!

f:id:mesitsu_lc:20160627145837j:plain

長距離運転に、腰が悲鳴をあげています。

しかし、そんなのお構いなしに。

キツネ→鹿→紋別到着です。

この看板を見つけた時のうれしかったこと!

f:id:mesitsu_lc:20160627145808j:plain

いや~~~遠かった。

でも、紋別に着いちゃうと疲れもふっ飛びます。

この広い海。

オホーツクですよ、オホーツク。

新鮮な魚介がこのブルーの中にいるわけですよ。

素晴らしい景観ですよね?

でも紋別はですね。

ふふふ。

一筋縄ではいかないんです。

それではご覧いただきましょう。

ドーーーーーン!

f:id:mesitsu_lc:20160627145830j:plain

特大なカニ爪が建つ街なのです。

車と比較して大きさがわかりますか?

ものすごく巨大なんです!

f:id:mesitsu_lc:20160627145831j:plain

え?

違います、違います。

記念撮影のダブルピースじゃないですよ?

意識高めで「カニ」です。

遊んでいる時間はない!

f:id:mesitsu_lc:20160627145825j:plain

帰りも同じ時間かかるんですから。

急がないと。

真っ暗闇でキツネ・鹿ロードを通ることになります。

いやですよ〜、暗闇に動物の目が光るの。

やってきたのは今回の目的地「西や」です。

ガリンコ号乗り場に併設されているんですね。

f:id:mesitsu_lc:20160627145828j:plain

毎年流れ着く流氷で、海が氷に覆われる紋別。

そこで登場するのが、この「ガリンコ号」です。

大きなスクリューで氷をガリガリ割りながら進みます。

なんともダイナミック!

f:id:mesitsu_lc:20160627145823j:plain

改めて「西や」さんです。

ここに驚きのラーメンがあるそうなのですが……。

外観はいたって普通。

清潔感のある、明るい食堂といった雰囲気です。

それでは早速。

今回の旅のメイン、アレをお願いします!

カニ爪がピースするラーメン

f:id:mesitsu_lc:20160627145822j:plain

「オホーツクラーメン」900円です。

さっき見たカニ爪オブジェのように、そそり立っているではありませんか!

f:id:mesitsu_lc:20160627145821j:plain

なんというラーメンでしょう。

恐るべし、オホーツク!

この自信に満ち溢れた「チョキ」

f:id:mesitsu_lc:20160627145817j:plain

とっさにグーを出したくなるラーメンです。

見た目のインパクトは絶大ですが、

果たしてお味は?

いただきます!

f:id:mesitsu_lc:20160627145819j:plain

うまい!

海の幸の旨味が押し寄せます。

オホーツクの塩を使用しているため、まろやかさを感じます。

塩が違うだけでもラーメンってこんなに変わるんですね。

f:id:mesitsu_lc:20160627145816j:plain

カニ爪だけではなく、ほぐしたタラバ蟹の身がたくさん入っています。

これが美味しいんですよ!

爪など、よく動かす部位は身がプリッとしていて最高なんです。

さらに、大きなホタテなども入っていて、

まさに「オホーツク」を味わえる素晴らしいラーメンでした。

f:id:mesitsu_lc:20160627145815j:plain

そして、旅の目的はもうひとつ。

お腹ペコペコできましたから、

もう一杯いっちゃいますよ。

f:id:mesitsu_lc:20160627145813j:plain

「ガラムマサラらーめん」850円です。

おおお!

すごいスパイスの香りがします。

味噌ベースでカレー風味。

流氷が流れてくる寒い紋別の冬ですからね、

体を芯から温めてくれるスパイスが、数種類ブレンドされています。

f:id:mesitsu_lc:20160627145812j:plain

一見「カレーラーメン」のようですが、よくあるカレー味ではないのです。

ガラムマサラ感がハンパないんですよ。

食べながら何度も、

「カレーじゃないガラムだ!」を連呼しました。

f:id:mesitsu_lc:20160627145809j:plain

飴色になるまで炒めた玉ねぎが入っているんですって。

豚骨スープと絡み合い、奥深い味わいを演出しています。

f:id:mesitsu_lc:20160627145810j:plain f:id:mesitsu_lc:20160627145811j:plain

さらに具材も面白いですよ。

「ブロッコリー」に「ポテト」です。

これがスパイスの効いたスープと合うんですよ!

f:id:mesitsu_lc:20160627145814j:plain

決して辛いわけではないのに、額には汗。

これはハマりそうです。

店内からは海も一望できて、

ロケーションも最高!

長距離走ってでも食べたいラーメンですね。

ありがとう! 紋別

f:id:mesitsu_lc:20160716002203j:plain

フットワークを軽くすると、

こんなに美味しいグルメに出会えるんですね。

お腹もいっぱい。

気持ちのいい夕暮れです。

さて、ゆっくりしてはいられません。

キツネ・鹿ロードが私を待っています。

最後にビシッとジャンケンで決めて。

ありがとう、紋別!

今度は流氷の季節にお邪魔します!

お店情報

らーめん 西や 本店

住所:北海道紋別市海洋公園1 紋別市海洋交流館内

電話番号:0158-24-1331

営業時間:11:00~20:00 ※シーズンにより変動の場合あり

定休日:火曜日

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

俺は絶対に手を汚さない! 袋入りの「角屋のやきそば」に直接かぶりつく!【美唄市】
松尾ジンギスカンの本店が登場! 今年で創業60年 発祥の地をレポート!
観光名所「青い池」はキレイだけども! らーめん八海が青いカレーを作ってしまった!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。