ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleへ挑戦!イギリスのスタートアップがAndroidを使った自動運転システムを開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

技術の正当進化として、何かと話題になるのが「自動者の自動運転技術」です。

実用化されれば、運転の疲れからくる事故や長距離運転の敷居が下がるなど、我々の生活はもっと便利になることが期待されます。

そんな自動運転技術ですが、イギリスのスタートアップが独自のソフトウェアを開発したとのこと。

Androidを使った自動運転ソフトウェア

これはAndroidを使ったソフトウェアなので、フォークリフトや農耕車など様々な車にも応用が可能なんです。これまでの自動運転の専用車という感覚とは違いますね。これなら一気に広がりそう。

また、事故を学習することもできます。時間はかかりますが、どんどん安全になっていくといいですね。これは何十年も前から構想があったプロジェクトとのことです。

・自動運転車の実用化が現実となるか

自動運転の技術はGoogleとテスラが大きなアドバンテージを持っていますが、このシステムはAndroidを使ったソフトウェアということで、汎用性はとても高そう。

これまで自動運転技術は特定の車のためだけのものであったが、フォークリフトなどの様々な車で使えるようになると、私たちの車への付き合い方は大きく変わっていくでしょう。

まだまだ普及には程遠い自動運転車ですが、新しいテクノロジーで安全かつ便利なものになっていくといいですね。

UK robot cars to challenge Google – BBC News

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP