ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2016年8月)、Marshmallowのシェアが15%を超す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 8 月 3 日(現地時間)、2016 年 8 月の Android バージョン別シェアの統計データを公開しました。8 月のバージョン別シェアは(括弧内は前回)、1 位が Lillipop 35.5%(35,1% ↑)、2 位が KitKat 29.2%(30.1% ↓)、3 位が Jelly Bean 16.7%(17.8% ↓)、4 位が Marshmallow 15.2%(13.3% ↑)、5 位が Gingerbread 1.7%(1.9% ↓)、6 位が ICS 1.6%(1.7% ↓)、7 位が Froyo 0.1%(0.1% →)といった結果でした。最新版となる Marshmallow は、前回から伸び率は下がりましたが、シェア自体は堅調に伸びています。次回で Jelly Bean を捉えて 3 位に浮上することでしょう。一方、Lollipop は 2 ヶ月ぶりにシェアを伸ばしていますが、おそらくこれは、Froyo や ICS のシェアが縮小した結果、相対的に拡大しように見える一時的なものだと推測されます。Source : Android Developers

■関連記事
Pixel CとNexus 9向けにRemix OS 3.0がリリース
Nexus Launcherのリーク版アプリがダウンロード可能に
Samsung、Galaxy Note 7用にLens CoverやKeyboard Coverなどアクセサリー8製品を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP