ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

スケボーの最大時速35kmになるキット「Eon」が登場!取り付ければ移動もラクラク

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Eon今、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募集中の「Eon」は、手持ちのスケートボードを“電動スケートボード”に変身させてしまう世界初のキット。片手に収まるリモートコントロールと連動して動作する。

・手持ちのスケボーが、最大時速35kmの電動スケボーに!

キットはボルト留めするだけの簡単手順でセットでき、最大時速35キロメートルという速さ、最大走行距離24キロメートルという持続力を可能にする。スケートボードの底面に設置するようになっていて、さまざまな形状のスケートボードにフィット。

Eon2「Eon」本体はカーボンファイバー製で、軽くて丈夫。ウォータープルーフ仕様になっているので、雨天時にも安心。

・3つのタイプがあり、それぞれ性能が異なる

この「Eon」には、“SOLO”“CRUISER”“R”の3タイプがある。

“SOLO”は1番シンプルなタイプで、キットの重さは1.5キログラム、最大時速35キロメートル、最大走行距離12キロメートル、最大勾配9%。

“CRUISER”は、総重量2.1キログラム、最大時速35キロメートル、最大走行距離24キロメートル、最大勾配9%。2倍の走行距離を実現している。

“R”は、総重量2.9キログラム、最大時速35キロメートル、最大走行距離24キロメートル、最大勾配20%。性能では1番高い。ニーズによって選ぼう。

・専用のアプリを用意

Eon3専用アプリも用意されていて、アプリを通じて「Eon」のさまざまな設定がおこなえる。

“BEGINNER”モードは初心者向けで、パワーやトップスピードは抑えめ。“ECO”モードは、バッテリーを可能な限り長持ちさせる。“PRO”モードは、加速、トップスピードを最大限生かすことができ、爽快な走りを体感できる。

これまでの履歴をチェックして友人とシェアしたり、新たな走行スポットを見つけたりして楽しめそうだ。

・14万ユーロ以上の資金を集める人気ぶり

8月27日まで出資を受け付けており、すでに目標金額10万ユーロ(約11万4000円)を超える14万ユーロ(約16万円)以上を集めている。今なら“SOLO”キットを早期予約価格369ユーロ(約42200円)でプレオーダーできる。大人ならではのスケートボードの楽しみ方ができそうだ。

なお、日本の道路交通法では認められていない可能性もあるので、注意が必要だ。

Eon

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。