ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Chrome OS ベータチャンネルでAndroidアプリが利用可能に、しかしサポート端末は拡大されず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 8 月 1 日(現地時間)、Chrome OS のベータチャンネルを 53.0.2785.3 にバージョンアップしましたが、Android アプリと Google Play ストアのサポートは依然として現行の 3 機種に限られています。Chrome OS の Android アプリと Google Play ストアは、Chrome OS 53 が Dev チャンネルの時に Acer Chromebook R11、ASUS Chromebook Flip、Google Chromebook Pixel(2015)に提供されていました。しかし Android アプリと Google Play ストアは Chrome 53 Beta でも「Developer Preview」という位置づけで提供されており、サポート端末は依然として上記の 3 機種に限定されています。Android アプリと Google Play ストアは最終的にはより多くの Chromebook に対応する見込みなのですが、現時点でサポート拡大は見送られた模様です。非タッチパネル端末への対応が完全ではないからなのでしょうか。Source : Chrome Releases Blog

■関連記事
Nexus Sailfish & Marlinの壁紙画像が流出
Google、GoogleアカウントのログインをAndroid端末に直接通知
Google、「Nexus Launcher」を新型Nexusと一緒にリリースか?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。