体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ペンネンネンネンネン・ネネムズ、2nd『whim』発表! ハシダカズマらのコメントも到着

ペンネンネンネンネン・ネネムズ、2nd『whim』発表! ハシダカズマらのコメントも到着

ペンネンネンネンネン・ネネムズが2ndアルバム『whim』を9月14日(水)にリリースすることが決定。それに伴い、レコ発ライヴも開催される。

彼らは男性2人のギター・ヴォーカル、ベース、ドラム、フルートという編成で活動する5人組。2014年春に発表された1st『東京の夜はネオンサインがいっぱいだから独りで歩いていてもなんか楽しい』以来のアルバムリリースとなる。

新作『whim』は全9曲入り。先日MVが公開された「南浦和の恋人」、アキ・カウリスマキ監督へのオマージュを捧げた「ストラトキャスター」、バイオリンとフルートを絡ませ大胆なストリングス・アレンジを導入した「すこしふしぎ」などが収められる。同作はレコーディング/ミックスを石川泰隆、マスタリング・エンジニアを中村宗一郎が担当。ジャケット・デザインは田川薫(月の海)が担当している。

レコ発は10月15日(土)の昼間に代官山晴れたら空に豆まいてにて開催。共演者としてケバブジョンソン、いやいやえんらを招き、ライヴはフロア全面に畳を敷いて行われる。またハシダカズマ(箱庭の室内楽)、y0den(ATLANTIS AIRPORT)らが今作に向けコメントを発表。こちらを下記に掲載しているので、ぜひチェックしてみてほしい。(鶯巣大介)

南浦和の恋人 / ペンネンネンネンネン・ネネムズhttps://youtu.be/wtUYTPs82T4

ペンネンネンネンネン・ネネムズ / ストラトキャスター

http://youtu.be/tmScnZgiq_8
ペンネンネンネンネン・ネネムズ、2nd『whim』発表! ハシダカズマらのコメントも到着

・ペンネンネンネンネン・ネネムズ オフィシャル・サイト
http://www.pen-nenems.com

・ペンネンネンネンネン・ネネムズの作品はOTOTOYでも販売中
http://ototoy.jp/_/default/a/85799

■リリース情報

ペンネンネンネンネン・ネネムズ / whim
発売日 : 2016年9月14日(水)
曲目 :
1 そらちゃんのテーマ
2 Mashkov and Gedevan
3 南浦和の恋人
4 すこしふしぎ
5 ストラトキャスター
6 浮き雲
7 イメージ
8 so far
9 Love Parade

■ライヴ情報
ペンネンネンネンネン・ネネムズ『whim』レコ発
2016年10月15日(日)代官山晴れたら空に豆まいて
OPEN / START : 11:15 / 11:30 (予定)
料金 : 2,000円 (ドリンク代別)
出演 : ペンネンネンネンネン・ネネムズ / ケバブジョンソン / いやいやえん / and more
※ライヴはフロア全面に畳を敷いて行われる予定

■コメント

■ハシダカズマ(箱庭の室内楽)
60年代後半のサイケポップ愛好家って結構多いと思うけど、実際演奏する側にはあんまりいない(気がする)ので、ネネムズみたいなアプローチのバンドいると安心します。ベースの林くんはバンド外での付き合いが多いためうっかり忘れがちだけど、とても良いライン奏でるベーシストだと再確認。 2ndアルバム発売おめでとうございます〜

■y0den(ATLANTIS AIRPORT)
ある映画の美しいシーンで「ここに詩人がいてほしかった」という台詞があって 僕は言葉では表現しきれない美しい物を見た時にいつもその言葉を思い出します もし宮沢賢治が現代に生きていたら、どんな詩を紡ぐのだろうか ペンネンネンネンネン・ネネムズの新譜を聴きながら 「きっとこんな事かも」とたまらない気持ちになりました 特に「浮き雲」という曲が最高です

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。