ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【フランス】地元の人に混じって楽しもう!「マルシェ攻略」のコツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


(C) sweetsholic

色鮮やかなトマトにイチゴなど、旬の味覚が一堂に集まる「マルシェ(marché)」。四季折々の花やチーズ、地元の特産品などがずらりと並ぶ光景は、フランスの風物詩のひとつと言えそうです。

フランスを旅した気分で、マルシェを散策してみましょう。実際にフランスを訪れた際に、マルシェで活用できる簡単なフランス語もあわせてお伝えします。

■あわせて読みたい
週末朝市が楽しい!海外観光客からも大人気の、都内で楽しめる大型マルシェ3つ
http://tabizine.jp/2014/06/12/12224/


(C) sweetsholic

「マルシェ」といっても、さまざまです


(C) sweetsholic

日本語で「市場」を意味するマルシェですが、生鮮食品や地域の特産品が中心のマルシェに、雑貨や服も揃うマルシェ、雑貨や日用品がメインのマルシェなど、いろいろあります。フランス語で「Les Halles(レ・アール)」と呼ばれる、屋内で開催されるマルシェは、生鮮食品や特産品のみを扱う場合が多いよう。

どこのマルシェも朝8時頃から始まり、13時には店じまいをする場合がほとんどです。そしてマルシェは開催日が決まっているため、あらかじめチェックしてから訪れるようにしたいですね。

モンクーク町のマルシェへ!


(C) sweetsholic

今回訪れるのは、フランス南西部の町・モンクーク(Montcuq)のマルシェ。南西部特産品の鴨肉やフォアグラ、モンクークの周辺地域カオール産の赤ワイン、ケルシー産のロカマドゥールと呼ばれるヤギの小さなチーズ、ロックフォールチーズの産地として有名なアヴェロン県の大小さまざまなチーズなど、近隣地域のおいしい特産物が並ぶマルシェです。


(C) sweetsholic

こちらのマルシェは日曜の午前中のみ開催なのですが、地元の人や観光客に人気があります。野菜や果物、自家製のジャムやハチミツ、生ハムやソーセージ、チーズがずらりと並ぶ様子は圧巻! 


(C) sweetsholic

テーブルクロスやカーペット、エプロンなど日常生活に密着したアイテムも買えます。フランスはデパートやショップなど日曜休業の場合がほとんどなので、日曜開催のマルシェは娯楽のひとつでもあります。

味見をするのも、楽しみのひとつ


(C) sweetsholic

「ヤギのチーズ・ロカマドゥールと合わせて食べると美味しいよ」とジャム売りのおじさんに勧められて、筆者はカオールワインのジャムとロカマドゥールを購入。ジャムをひと瓶しか買わなかったけれど、たくさん試食させてもらいました。

このように、マルシェで食品を購入する前には、味見をすることができます。気になるお店があれば「Bonjour/ボンジュール(こんにちは)」と挨拶。味見してみたいものを指差しながら「Je peux goûter celui-là/ジュプ・グテ・セルイ・ラ (これを味見したいです)」と言ってみましょう。試食させてもらったら「Merci/メルシー(ありがとう)」、退店の際には「Au revoir/オ・ルヴォワー(さようなら)」。さぁ、これらをメモってマルシェへ!


(C) sweetsholic

お店の人とフランス語で会話するのって、本当に緊張しますよね。でもフランスの人たちは基本的に優しいので、自信がなくても大丈夫。フランス旅行の際には、地元の人に混じってマルシェ散策を楽しみましょう!

■あわせて読みたい
週末朝市が楽しい!海外観光客からも大人気の、都内で楽しめる大型マルシェ3つ
http://tabizine.jp/2014/06/12/12224/

[Marché traditionnel à Montcuq]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP