体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

村川絵梨『花芯』インタビュー

murakawa_2

1957年に瀬戸内寂聴によって描かれた小説「花芯」が初の映画化。親が決めた許嫁・雨宮(林遣都)と結婚し、子をもうけながらも夫の上司である越智(安藤政信)に恋をする主人公・園子(村川絵梨)の生き様を描いた本作は、時代背景から遠い物語のように感じられるかもしれないが、女性の恋愛や性、それにまつわる感情を鋭利に描き、今を生きる女性にも深い共感を呼ぶに違いない秀作となっている。子宮の命じるままに生きる、からだじゅうのホックが外れている女ーー身体と心を曝け出して園子を演じた村川絵梨に話を聞いた。

——安藤監督はずっと村川さんとお仕事をしたいとおっしゃっていたそうですね。オファーを受けた時の率直な感想を教えてください。

村川「まずこういう一人の女性の半生を描く役に、監督が私をイメージしてくださったというのが純粋に嬉しかったです。そして瀬戸内寂聴さんの作品の強さみたいなものが台本を読んでる時点で伝わってきて、園子という主人公に対しても、この女性はなんて格好いいんだろうと本当に純粋に好きになって。でも果たして私にできるのかなとも思ったんですね。いろんなチャレンジもあるし悩んだんですけど、『いや、これはやらなきゃ後悔する』とすぐ思えたのでお願いしますと挑みました」

——その悩んだ部分というのは?

村川「感情的にも肉体的にも色々女性として晒け出さなきゃいけない部分も多い役なので。そこを私が無理してやってしまったら無理しているものが伝わるし、無理しないでできるかということを考えて自分と戦って。でも『今ならできる!』と思えたんです」

murakawa_3

——今ならできると思えたのには何が一番大きかったんでしょうか。

村川「年齢的なこともあると思います。ちょうど二十代後半にかかってきて、今まで演じてきた役はどちらかというと元気で、少女のような感じがあり。なんだろう……それをもっと自分の中で変えたかったし、大人の女性を演じられる三十代になりたいなと思っていました。その第一歩として、随分大きな一歩ですけど(笑)」

——(笑)。

村川「こんな作品に巡り会えるというのはご縁だと感じましたし、運命なのかなと。これが1、2年前くらい前だったら、自分の経験もまだ浅いし、もしかしたらできていなかったのかなとも思います」

——なるほど。先ほど園子のことを格好いいとおっしゃっていましたが、憧れとシンパシーどちらの気持ちでしたか?

村川「シンパシーでした。言葉数が少ないのですが、発するセリフ一言一言にハッとして。私自身はたくさん喋っちゃうタイプなんです。でも園子は言いたいことを簡潔に一言にしていて無駄なことを喋らない。それでいて男女の性についてや男の人に対しての気持ちなどを代弁してくれている」

——確かに、私もとても共感しました。

村川「茨の道を歩んでらっしゃる女性には特によくわかって頂ける気がします(笑)」

——茨というか、ステレオタイプではない自分の道を歩むという時に、周囲の目というのはやはり厳しいものですから。

村川「そうですね。園子の時代は特にそうでしょうし、今の時代でもトゲがあると思います。今は女性みんながもっと自由になってきているとはいえ、そういう意味でもきっと園子の気持ちに共感する人は多いですよね。ああ、でも園子へはやっぱり憧れの気持ちもありますね。彼女は恋や愛に自惚れないじゃないですか。男の人のペースに振り回されて悩む女の人は多いだろうし、私もそうやって陥るときもありますけど、凛と強くいられて感情もあまり出さない、でも突っ走る勇気もあるーーこんな女性がいたら、男の人が逆に苦しむんだろうなって。この役を演じて勉強になりました(笑)」

murakawa_4

——瀬戸内寂聴さんの原作も読まれましたか?

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。