ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【アウトドア必携ツール】80時間“蚊避けバリア”を張る「Backpacker Repeller」はポケットサイズで持ち運びも楽々!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「夏といえばアウトドア!」と同時に、蚊などの虫が悩ましい季節でもある。ジカ熱やデング熱の流行の報道は記憶に新しい。

・4.6×4.6m範囲内に“蚊避けバリア”を張り巡らせる

バッテリーで動作するアウトドア愛好家向けのガジェットを数多く開発してきたThermacellは、これまでにも蚊避け製品をローンチしているが、新たにポケットに入るくらいのコンパクトで軽い蚊避けツール「Backpacker Repeller」に取り組んでいる。

同社は20年に渡り、技術開発を進めているが、この技術は軍隊などの機関で用いられているものだ。

Thermacellの蚊対策ツールは、4.6×4.6メートルの範囲に、いわば“蚊避けのバリア”を張り巡らし、蚊やブヨなどの侵入を96%カットするという劇的効果を誇る。

・最大80時間の連続使用可能

「Backpacker Repeller」には、加熱装置を起動させるための圧力ライターを搭載。

熱によって、キク科の花にみられる成分を真似た人工の殺虫成分“アレスリン”が染み込んだ青いパッドの機能を起動させる。100グラムのガスキャニスターで、最大80時間の防御効果が続くという。

・コンパクトなので荷物を圧迫しない

既存品のランタンやトーチタイプはどうしてもかさばり、重量もあるため、荷物を圧迫するという難点があった。そこでよりコンパクトで持ち歩きしやすいサイズの「Backpacker Repeller」の開発に着手したという。

サイズダウンするために着目したのは、ブタンガスカートリッジ。これを取り外すことで、大幅なサイズダウンを実現。サイズは97x50x67ミリメートル、重さは114グラムという、コンパクト化に成功した。

代わりの燃料ソースとして、アウトドア時に多くの人が携帯するであろう、キャンプ用ガスキャニスターを用いればよい。もちろん、有効範囲も既存品と変わらないので安心だ。

・さまざまなアウトドアシーンで活躍!

荷物を圧迫しないコンパクトサイズも魅力だが、虫除けのように汗水で流されて何度も付け直す羽目になったり、独特の香りが体にずっとまとわりついたりする嫌悪感もない。

キャンプやピクニック、BBQなど、さまざまなアウトドアシーンで活躍してくれることだろう。ローンチの予定は2017年早春で、価格は約39.99ドル(約4200円)となる見込み。

Thermacell

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP