ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピンチ!をチャンス!に変える呪文「ナンギー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、はるです。記事の執筆を始めて、自分がつくづくウチナンチューだなぁと思うことがあります。

例えばカウンセリングしていて、ついつい「どんなに辛い事があってもナンクルナイサ、時間が必ず解決してくれるさ」と言ってしまう時など、改めてそう思ってしまうのです(笑)。

相手をギリギリまで追い詰めない、突き詰めない、だから自分も追い詰められない。

これこそ、不幸な歴史にもめげずに明るく生きてきた、沖縄テーゲー思想の賜物と前回の記事でお伝えしました。今回も、テーゲー思想にもとづきよく使われる琉球の言葉を紹介します。

 

沖縄のテーゲー思想「ナンギー」

漢字に当てはめると、「難儀」となるのですが、言葉の意味はヤマト言葉のニュアンスと全く異なります。表記ひとつとっても、ナンギーと伸ばすこのだらしなさが、ポイントなのです。

実際に沖縄人は、よくこのナンギーを連発しています。口癖なのです。

「歩くのナンギー」「働くのナンギー」

などはまだ序の口で、「噛むのがナンギー」だから、ご飯やそばをやわらかくして出す店もある程です。これ、ホントですよ。

 

暑い土地だからこそ生まれた思考停止論

沖縄人はなんて怠惰なんだと、思われるかもしれませんが、これも暑い沖縄に暮す知恵なのです。

こら開き直るな!と、お叱りを受けるかもしれませんが、暑い暑い沖縄で突き詰めて考えていたら、揉め事だって絶えません。だから人を傷つけまいと、ついナンギーと呟いて一度思考を停止させるのです。

これこそ、テーゲー思想の極意ですね。

 

沖縄流 家庭円満の秘訣

しかも沖縄人にとって、年上の存在は絶対です。居酒屋などで議論に熱が入り、罵り合いになると必ず年長者が、

「たーがしーじゃやが!(誰が年上か)」と一括。

すると、あっという間に静まり返ってしまいます。だから思春期を迎えても、年上の親やオジー、オバァに面と向かって反抗するなど、とても勇気のいる事です。そんな時ブチ切れした若者たちは、ついナンギーと口走ってしまいます。

これも沖縄らしい家庭円満の秘訣ではないでしょうか。こうでなくては、大家族はやっていけないのです。こんな事を言うと、会社倒産の危機に直面する方や、リストラの恐怖と戦っている方々に、「なんて呑気な!」と叱られてしまいそうですが、私はカウンセリングに訪れる方にこう勧めています。

だまされたと思って、ナンギーと唱えてください。

するとカラダがふっと軽くなったように感じませんか?

 

どんなに追い詰められても、この呪文を唱える事によって、冷静になって肝が坐り、いい解決方法が見つかるかもしれませんよ。

 

執筆:はる

沖縄の伝統的なユタ※の家に生まれ、その特異な能力を使いこれまでに延べ20万人のカウンセリングを行う。霊視・オーラ・手相・人層・タロットなど占術研究家の顔のほか、ラジオDJやシンガーソングライター、執筆活動も行いユタとしてメッセージを伝えている。

はる監修占いアプリ
当たる占い師 琉球ユタ・はる

はる監修占いモバイルサイト
最後の琉球ユタはる

関連記事リンク(外部サイト)

琉球ユタに学ぶ、「神々の島」沖縄の生き方
世界のセレブ『二コール・キッドマン』が証明!今、話題の幸運体質になる「24の運勢サイクル」
世界のセレブ『グウェン・ステファニー』が証明!今、話題の幸運体質になる「24の運勢サイクル」
世界のセレブ『ニコール・リッチー』が証明!今、話題の幸運体質になる「24の運勢サイクル」
世界のセレブ『キム・カーダシアン』が証明!今、話題の幸運体質になる「24の運勢サイクル」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP