ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Androidセキュリティの向上のために実施しているカーネル保護の内容を紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android のセキュリティ対策強化のために導入している Linux カーネルの防御対策などを Android Developers の公式ブログを通じて紹介しています。Linux カーネルはハードウェアとシステムの橋渡しを司る Android を始めとした Linux ディストリのコアです。そのため、Android のセキュリティはカーネルに依存する部分も多いと言えます。Google はブログ記事の中で、Android に実装しているカーネル保護のための仕組みについて、大きく「メモリの保護」と「Attack surface(攻撃対象領域)の削減」にグループ化されるとして、それぞれのグループで実装している機能等を紹介しています。また、現在進行しているカーネル保護を目的に、カーネル用のランタイムやコンパイラの防御を向上させるカーネルのセルフプロテクションプロジェクトや、SELinux によるサンドボックスの引き締めや Attack surface のさらなる排除を AOSP で実行していることも明らかにしました。Source : Google

■関連記事
Google、有料アプリやコンテンツを最大6人で共有できる「ファミリーライブラリ」の提供開始を発表
Nextbit、「Robin」の新色“Ember”(レッド x ブラック)を発売
Huaweiの「EMUI 5.0」はAndroid 7.0 Nougatベースだと判明。Huawei P9用のテスト版が公開される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP