ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

筋肉の動きをモニタリングする電子タトゥーが開発される!感情の計測も視野

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イスラエルのテルアビブ大学で、筋肉や神経細胞の活動をモニタリングできる電子タトゥーが開発された。いずれ表情から感情をマッピングすることも可能になるタトゥーだという。
この電子タトゥーは、医療やリハビリテーションの分野のみならず、ビジネスやマーケティング調査にも大きな影響を与えるものとして、注目を集めている。

・皮膚の刺激がなく、長時間記録可能

タトゥーは、皮膚への接着面及び電極性能を向上させる導電性ポリマーから構成。

皮膚を刺激することなく、何時間もの間安定した信号を記録することができるという。

・リハビリなどの医療現場だけでなくビジネスの場にも

同技術は、脳卒中または脳損傷の患者のリハビリテーションや、運転中のドライバーの覚醒度を監視などに活用される。なんらかの疾患によって四肢を切断した患者が、残った筋肉で義肢を操作する用途にも応用可能になるという。

さらに、医療分野のみならず、ビジネスの分野での応用できる可能性があるという。

この電子タトゥーを使用すると、顔の筋肉の動きを察知し、表情をモニタリングすることで感情をマッピングすることも可能になる。

「人々の感情を確認し、図にする能力には、多くの潜在的用途がある」と研究チームの教授は指摘しており、広告やメディアの分野、また世論調査機関等で活用されることが期待されている。

既に企業や大学で開発がすすめられている電子タトゥー。今後もさらなる開発と様々な分野への参入が予想される。

TEL AVIV UNIVERSITY

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP