ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ガジェ通秋葉原制覇】地味に完成度の高い『冷やし胡麻ダレつけ麺』を食す! @『北海道らぁ麺ひむろ』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

暑かったり暑くなかったりする秋葉原ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか? とりあえずガジェット通信編集部の指令で

「秋葉原ネタを攻めろ!」

という事でして、それとなく秋葉原を食べ歩いている筆者(YELLOW)ですが、そろそろ美味しい店を探すのが難しくなって参りました……。

かと言って、さりげなく“2週目”に突入すると編集部から指摘されそうです(注・編集部:指摘したりしなかったりします)。
なので、なんとなく

「冷たい食べ物特集」

みたいな季節感を出しつつ、筆者的に楽をしようという安易な企画で御座います。

北海道オシな『北海道らぁ麺ひむろ』

最近はラーメン屋さんも“限定メニュー”に積極的でして、ぶっちゃけ秋葉原のラーメンネタだけで永遠にループする事も可能なんじゃないのか? みたいな錯覚に陥るのですが、それはそれで食べ続ける側がシンドイので、やはり食事はバランス良く摂りたい筆者です。

しかし!

ここ最近は暑かったので、やはり冷たいメニューに集中してしまう可能性が高いのは否めません。

と、なると蕎麦かラーメンの二択で御座います。

『北海道らぁ麺ひむろ』

あまりメディアや雑誌で騒がれる店ではないのですが、地味にリピーターを増やしつつ確実に秋葉原におけるポジションを高めつつある店です。

今回のターゲットは『冷やし胡麻ダレつけ麺』(880円)となります。

なんと言っても今なら大盛りも並盛り(880円)と同一料金ですので、ココは大盛り一択で安定です。

『冷やし胡麻ダレつけ麺』を食す!

整いました。

大盛りにしたのでボリューム感もあり、水菜のおかげで全体的に涼しげなビジュアルではないでしょうか?

胡麻ダレもキンキンに冷えていて、これは下手な“冷やし中華”よりも夏向きな食べ物な予感です。

やはり夏は胡麻ダレに限る件

冷やし中華も“胡麻ダレ派”な筆者ですが、やはり胡麻ダレの安定感は素晴らしですね。

単純に考えれば普通のスープよりも栄養価も高そうだし、夏バテする季節には向いているのではないでしょうか?

写真で見ると油が白く固まっている様にも見えますが、実際には油っぽさは僅かな“ラー油”を感じるくらいで、意外とサッパリした味付けです。

濃度も程よく麺に絡みやすいので、非常にバランス良く口に運ぶ事が出来ます。

ツルリとした麺も夏向きである!

麺は加水率もチョイ高めで、非常にツルリとした透明感のある麺ではないでしょうか?

まさに“喉越し”を重視した仕上がりで、大盛でもスルっと入る軽快な麺に仕上がっています。

豪華な具材も華やかで良し!

お値段880円ですが具も多いので、大盛にすればコスパも高いと思います。

チャーシューも半熟味玉も揃っているので、まさに普通のラーメンに備わっている具材は確実に抑えています。

なので麺量が多い大盛りながら、最後まで飽きる事なく食べる事が出来ました。

ご馳走様です!

『冷やし胡麻ダレつけ麺』 総評

予想通りの美味しさと、思った以上の大盛り感に満足した筆者で御座います。

しっかりした胡麻ダレは、流石にラーメン専門店ならではの仕上がりでして、油(脂)を使いにくい“冷やしラーメン”(つけ麺)と言うメニューを、胡麻のコクで補完するアイデアも良いですね。

さらに!

『北海道らぁ麺ひむろ』には“ドリンクサービス”的な神サービスもあるので、真夏の秋葉原には欠かせない存在と言っても過言ではありません。

それでは、是非みなさんも秋葉原にお越しの際には、この『北海道らぁ麺ひむろ』の美味しい『冷やし胡麻ダレつけ麺』を食べてみて下さい。

きっと満足出来ると思いますよ。

『北海道らぁ麺ひむろ』秋葉原店

住所:東京都千代田区外神田3-12-2

営業時間 11:00~23:30
定休日:無休

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。