ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京パフォーマンスドール 初のアメリカ進出【J-POP SUMMIT】公式レポ到着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月23日と24日 アメリカ・サンフランシスコのFORT MASON CENTERにて開催された【J-POP SUMMIT 2016】に、9人組ガールズグループ・東京パフォーマンスドール(通称TPD)が初出演し、海外のファンを魅了。その公式レポートが到着した。

東京パフォーマンスドール アメリカ進出写真一覧

 今年で8年目を迎えた同フェスは、米国最大級の日本のポップカルチャーイベントの1つで、音楽、IT、テクノロジー、ファッション、映画、トラベル、フード、アニメ、アート、ゲームなど日本の最新コンテンツを幅広く全米/世界へ紹介する見本市。TPDはこれまでに、香港、台湾での海外イベントには出演しているが、アメリカは今回が初となった。

 まずは、TPDomoとして同フェスのオープニングを務める。海外でも大人気のNHKマスコットキャラクター“どーもくん”とTPDのコラボレーションユニットで、NHK-WORLDを通して世界に日本の多彩な魅力を発信する本プロジェクトは、同フェスにぴったりの内容。歌やダンス、映像に日本文化を詰め込んだパフォーマンスが始まると、会場は瞬く間に満員となり、TPDomoと一緒に踊るファンで溢れた。

 その後も、会場に設置されたNHK-WORLDブースにて、振付講座などのイベントも行い、英語が堪能なリーダー高嶋菜七のコミュニケーション力も相まって、多くのファンにチャーミングなTPDomoをアピールしていた。2020年の東京オリンピックに向け、更なる今後の海外展開に期待したい。

 そしてTPDとしては、メインステージで約30分のライブステージを披露。シングル『逆光×礼賛』の戦闘モード漂う衣装で登場したメンバーは自身の代表曲「BRAND NEW STORY」や「DREAMIN’」、新曲「純愛カオス」(8/17発売)など全7曲をノンストップでパフォーマンス。10代の少女たちの全力パフォーマンスに、最初は様子を見ていた観客も、次第に体を揺らし始め、振り付けやコールで応戦し始める。MCを挟まずに、歌とダンスだけで見せるスタイル(ダンスサミット)は、クールで格好良いTPDと、キュートで愛くるしいTPDの2面を体感でき、時間はあっという間だ。高嶋が「サンフランシスコ最高~! また絶対に帰ってくるよ!」とシャウトすると、割れんばかりの歓声で会場は包まれ、初アメリカでのライブは大成功に終わった。

 総じて、TPDomoの活動が本格的になるにつれ、TPDとしての振れ幅が広がり、相乗効果でそれぞれのパフォーマンスがより光り始めたように感じた。ぜひTPD、TPDomoの活動に注目してほしい。

◎イベント【J-POP SUMMIT 2016】
アメリカ・サンフランシスコFORT MASON CENTER セットリスト:
OP.Domobics -どーもびくす-
01.WE ARE TPD!! -type2-
02.BRAND NEW STORY
03.OVERNIGHT SUCCESS -Rearranged ver.-
04.Airport -Rearranged ver.-
05.逆光×礼賛
06.純愛カオス
07.DREAMIN’

関連記事リンク(外部サイト)

東京パフォーマンスドール 初代TPD・篠原涼子「恋しさと せつなさと 心強さと」継承アクト! 新シリーズ開幕へ
東京パフォーマンスドール「優しく包んでくれる」先代TPD×「達成感が凄い」新生TPDセパレイト公演大成功
東京パフォーマンスドール 9人がゼロから育ててきたもうひとつのTPD……3周年記念日“夢の大舞台にこの9人で絶対立ちたい”

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP