ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

indigo la End ワンマンZeppTokyo公演ライブレポ到着! 川谷絵音「長く愛してほしいです」10月には2マンライブ開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年7月20日、indigo la Endのワンマンツアー【インディゴミュージック】東京公演がZepp Tokyoにて開催され、10月に東京と大阪で2マンライブ【indigo la End presents「インディゴラブストーリー vol.1」】の開催が発表された。

indigo.jpg

 現在のメンバーになってからは初のアルバム『藍色ミュージック』を6月に発表し、ファイナルの福岡・DRUM LOGOSまで9公演が行われた今回のツアー。東京公演では、それぞれが藍色の衣装を身に着けたメンバー4人がステージに現れ、佐藤栄太郎(dr)が下手寄り、コーラスの2人が上手寄りに位置する新しいポジションにつくと、「愛の逆流」からスタート。それから「悲しくなる前に」「忘れて花束」「アリスは突然に」「ココロネ」と序盤から多彩な曲調が際立った。

 「indigo la Endです。よろしくお願いします。東京のワンマンは半年ぶりですけど、みんな元気でよかった」という短いMCを挟み、川谷絵音(vo,g)がアコギに持ち替えると、アルバムのオープニングを飾る「藍色好きさ」、ミディアムバラードの「心雨」と、『藍色ミュージック』の世界を展開。続くMCでは、川谷がポケットに入れっ放しにしていたマスクをオーディエンスに突っ込まれるという微笑ましい一幕もありつつ、「雫に恋して」「ダンスが続けば」「心ふたつ」「夏夜のマジック」と続けられ、ハンドマイクを持った川谷はステージ上を自由に動き回り、ベース残しのパートでは後鳥亮介(b)に寄り添って歌ったりと、この空間を存分に楽しんでいることが伝わってくる。

 9月に新木場STUDIO COASTでツアーの追加公演が行われることが決定し、「プレイバック」というサブタイトルに沿ったコンセプチュアルな内容になることが予告されると、シンセとコーラスがシアトリカルかつ幻想的な雰囲気を作り出す「eye」へ。一転、ほぼピアノと歌のみの「シノブ」「風詠む季節」、川谷と長田カーティス(g)が向かい合ってカッティングを刻む、エモーショナルな「インディゴラブストーリー」を披露。

 川谷が「『藍色ミュージック』はこの4人で、この(コーラスの2人も含めた)6人で作った初めてのアルバムで、長く愛せる作品ができたと思うので、長く愛してほしいです。これからもうざいくらい曲を作っていくので、うざいくらい聴いてください」と語り、ラストに向けて演奏されたのはアッパーな「夜明けの街でサヨナラを」と、初期のインディゴを代表する名曲「緑の少女」。最後は「名もなきハッピーエンド」で華々しく本編が締め括られた。

 アンコールではまず川谷が一人で登場し、オーディエンスからお題を募って、即興で作った曲を弾き語りで披露。続いてメンバーが登場し、2マンライブの開催が発表され、再び場内が大きく湧くと、その勢いのまま「瞳に映らない」へ。「インディゴはファンの方に恵まれてると思います。直接話すことはできなくても、音楽で会話できるのがライブだと思うので、また来てください」というMCに続き、最後に披露されたのは「素晴らしい世界」。ラストのパートを一人アカペラで歌い切った川谷は、オーディエンスに向けて深々とお辞儀をして、ステージを後にした。

◎2マンライブ【indigo la End presents「インディゴラブストーリー vol.1】
2016年10月03日(月)大阪 BIG CAT
2016年10月12日(水)東京 LIQUIDROOM
2016年10月19日(水)東京 SHIBUYA CLUB QUATTRO
OPEN 18:15 / START 19:00 ※全公演共通
出演:indigo la End + 1ARTIST(7月31日21時に発表予定)
料金:前売4,000円(税込)+ 1D
FC先行:7月21日(木)12:00 ~ 7月27日(水)23:00
受付:http://bit.ly/2a0ri5x
一般:9月3日(土)

関連記事リンク(外部サイト)

スピッツ Newアルバム発売記念特集番組オンエア! 赤い公園/アジカン/indigo la Endらからのコメントも
川谷絵音率いるindigo la End「愛の逆流」MV公開! なりふり構わないエモーショナルな“愛”の世界
indigo la End新MVに小島藤子出演、ボーカル川谷絵音との切ない恋路を熱演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP