ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フジロックを楽しむために知っておきたい活動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フジロックを楽しむために知っておきたい活動
J-WAVE日曜朝9時からの番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)。7月24日のオンエアでは、FUJI ROCK FESTIVAL’16の会場から、「TOKYO REAL-EYES」「ALL AREA PASS」ナビゲーターの藤田琢己が会場の様子をリポート!

22日から新潟県の苗場スキー場で3日間開催されているフジロック。大自然の中で音楽を楽しめるという醍醐味がありますが、今回のリポートでは、社会や地球の問題と向き合える「NGOヴィレッジ」を紹介しました。

若者を中心とした来場者とNGOが出会うきっかけを作るため、2000年からスタートした「NGOヴィレッジ」。今年は12団体によるさまざまなブースがあり、たとえば、丸太をノコギリで薄く切って焼印を入れてお土産として持ち帰る…といった体験型のブースや、ハンモックに揺られてゆっくりするなど、気持ちの良い空間が広がっているそう。

そのほか、会場周辺の間伐材を使ったオリジナルの割り箸を作って販売し、売上げの一部を間伐材の搬出経費に還元することで、地域の森林整備に貢献する団体もあります。

「こういった活動を、自然の中で行われているフジロックだからこそ、ナチュラルにメッセージングできているのが、ほかのフェスとの違いだと思います。身近にある社会の問題、そして地球の問題に、音楽や自然を楽しみながら出会える場所です」(藤田)

フジロックの自然豊かなフェス会場も「山を使わせていただいている」からこそ、楽しめるもの。自然と音楽を楽しみながら、感謝の気持ちを忘れず、これからも自然を守っていきたいものですね。

【関連サイト】
J-WAVEのフジロック用公式ツイッターアカウント
@fujirock813

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。