体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原】秋葉原で一番人気の“油そば”専門店に行ってみた @『春日亭』

kasugatei012_R

順調に秋葉原を制覇しつつあるガジェット通信ですが、秋葉原周辺の飲食店を網羅するという事では業界ナンバーワンを目指す所存で御座います。

というわけで、筆者(YELLOW)もバリバリに記事を書いているわけですが、先日パソコンのSSDが壊れてしまい、まったく作業が進まないという緊急事態になったのですが、あえて言おう!

「秋葉原ってパソコンの部品が安く売ってて超便利なんすけどwww」

正直、いつもパソコン部品は急ぎなら多少高くても近所で購入し、急いでなければ通販で買っていました。秋葉原って便利な街なんですね(小並感)。

秋葉原で一番人気の”油そば”を探せ!

kasugatei025_R

そして秋葉原と言えばラーメン&肉の街で御座います。

いや、最近では“ポケモンGO”の街と化しつつある事実も認識しておく必要があるでしょうか?

DSCF9194_R

ブームに便乗してポケモンGOを客寄せに使う店が、リリース二日目にして現れるとか、予想通りとは言え呆れてしまいます。

kasugatei029_R

あと、最近気が付いたのですが、何気に秋葉原には“油そば”の店が多い予感です。

kasugatei027_R

確かに秋葉原を徘徊する人種の嗜好を考えた場合、この油そばは確実に需要がある可能性は否めません。

kasugatei028_R

というわけで、秋葉原で一番人気のある“油そば”を探そうと思ったのですが、探すまでもないのでサクっと『春日亭』にインしてみました。

券売機の罠に気を付けろ!

kasugatei032_R

基本、並びの絶えない『春日亭』ですが、とりあえず初心者に対してアドバイスがあるとすれば“券売機”の罠でしょうか?

お金を入れてラーメンを選択してボタンを押しても、一向に食券が出る気配がありません……。

そうです。

この『春日亭』では“麺量”を指定するボタン(タッチパネルだけどね)を押さないとオーダーが完結しないのです。

通常、ラーメンの食券と“大盛り”とか“中盛り”とかの食券を別に買うスタイルなので、ちょっと初見だと戸惑う要素大なので注意して下さい。

『とん黒油そば』を食す!

kasugatei013_R

レビューとしては基本メニューとなる『鳥豚油そば』(並盛り650円)を食べるのが正解ですが、なんとなく気分で『とん黒油そば』(並盛り680円)にしてみました。

kasugatei014_R

最近は“油そば”と言っても、奇抜なトッピングを売りにしたチャラい店が少なくないのですが、なかなか硬派なビジュアルではないでしょうか?

kasugatei015_R

油そば専門店としてのプライドを感じる風貌に期待も高まりますね。

kasugatei018_R

この黒っぽい“油”が肝かと思われ、オリジナリティーも高めで御座います。

kasugatei033_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。