ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Swiftkeyの提供元が絵文字の候補機能を備えた新キーボードアプリ「Switmoji」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

海外では定番のキーボードアプリ「Swiftkey」の提供元が、絵文字を予測する独自の機能を備えた新しいキーボードアプリ「Swiftmoji」をリリースしました。Swiftmoji は、Swiftkey ベースのキーボードアプリで、キーを入力中、候補列には文字候補の上段に 1,800 種類の絵文字の中から入力文字にマッチした絵文字が表示されます。普段から絵文字を多用する人にとっては魅力的なアプリです。アプリは Swiftkey をベースにしているので、設定や操作の仕方は Swiftkey とほぼ同じです。Swiftkey 自体は日本語の入力にも対応していますが、Swiftmoji は今のところ日本の入力には対応していません。「Swiftmoji」(Google Play)※現時点で、日本ではダウンロードできません。Source : Swiftkey

■関連記事
Cyanogenが大規模なリストラを実施していると伝えられる、システム開発からアプリに事業をシフト
Android Tips : ジャイロスコープの有無を確認する方法
韓国向けGalaxy Note 7のプレス画像が全色流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。