ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【巨人VS阪神】芸能人トークバトルが止まらない!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜ー木曜22時からの番組「AVALON」(木曜ナビゲーター:渡辺直美)。7月21日のオンエアでは「巨人と阪神、ズバリあなたはどちら派?」をテーマに徹底討論しました。

プロ野球は、好きな人はとことん好きで、そうではない人にとってはルールすらわからないスポーツです。実は「CRAZY IN LOVE」の渡辺代表は野球を全く知らないそうで、清水秘書も詳しくはないそうです。そこで、巨人ファンと阪神ファンの力強い助っ人が7人登場。みなさんにそれぞれの球団の魅力を紹介してもらいつつ、野球を知らない人も興味を持つような話を繰り広げました。

■巨人VS阪神 それぞれの魅力

まずは、お互いの球団の魅力を挙げてもらいました。

巨人のすごいところ
(巨人ファン:あれ慎之助、さかとも、「マテンロウ」大野大介、アイドルグループ「アンジュルム」竹内朱莉)

・弱いことがない。2位でも弱いと言われるほど
・女性が好きになりそうなカッコいい選手が多い(渡辺代表へのおすすめは菅野智之選手・ギャレット選手)
・今シーズン、メイクミラクルを起こして優勝する可能性がなくはない
・ホームスタジアムがドームなので雨に濡れない

阪神のすごいところ
(阪神ファン:「マテンロウ」アントニー、「ゴールデンエイジ」ヤマト、アイドルグループ「プレイボールズ」石田千紘)

・暗黒時代に10年も最下位になったのにファンは応援し続けていた
・神宮球場でのヤクルトとの試合は、アウェイ戦にもかかわらず阪神ファンの方が多く来場している
・ぶっちゃけ、阪神がなくなったら、プロ野球の収益が減ると思う
(この意見にはさすがに、巨人ファンから「それは巨人の方だろ!」とツッコミを入れられていました)

ちなみに、阪神ファンのアイドル、石田さんは野球一家で、石田さん自身も野球とソフトボール経験者。甲子園球場で売り子をしていたこともある、筋金入りの野球好きと判明しました!

■巨人VS阪神 とっておきの話

後半はお気に入りの球団にまつわる、とっておきの話を紹介しました。

巨人(さかともさんが芸人になったきっかけ)
高校を卒業して、ニキビが顔中にできてしまい、人前に出たくなくなり、2年間ほど家に引きこもっていた。その間、巨人ファンのおばあちゃんとよく野球を観ていた。巨人の坂本選手を見たおばあちゃんが「あなたに似てる」と言っていたが、おばあちゃんは坂本選手を「さかとも」と呼んでいた。そこでニートを脱出して「さかとも」を自分の芸名にした。おばあちゃんが生きている間にテレビに出ようと思い、実際に出られるようになった。

思わぬエピソードに「いい話!」という感想が飛び交いました。

阪神
使えるピッチャーが藪恵壹選手しかいない時期があった。そんな藪選手の、ある年の成績は6勝16敗。ただし防御率は3.95で、防御率はそんなに悪くはない。しかも、彼と全く同じ防御率だったベイスターズ(別の球団)の斎藤隆選手は14勝3敗だった。

この話に対しては、「藪が報われなさすぎて、かわいそう」という話になりました…。まさに阪神の“暗黒時代”の真っ只中の話です。全く関係ありませんが、アントニーさんからは「今、現役当時よりも30キロ太っている」という情報まで飛び出しました。阪神に詳しいアントニーさんならではの情報ですね。

以上、両者の話を聞いてきて、渡辺代表はどちらの球団に興味を持ったのか、選んでもらいました。迷った末、選んだのは巨人。さかともさんの話が気に入ったそうです。阪神の方は藪選手の話しかなかったから…とのことでした(笑)。

さて、今回はたくさんの人に野球の楽しさが伝わるようなマニフェストを送ってもらいました。たくさんいただいた中から選んだのは「ビギナーズ試合観戦日を設ける法案」。これは、たとえば初心者向けに、一球ごとの解説をラジオで聴けるようにするというもの。このマニフェストは見事に可決されました!

今回の巨人VS阪神のトークは非常に盛り上がり、CM中も話が止まらなかったそうです。今回のオンエアで、少しでも野球に興味を持った方は、ぜひ詳しい人を誘って球場に足を運んでみてください。

次回の「AVALON」、7月25日は松岡茉優が登場します。夏休み中の学生のみなさん、ぜひ参加してくださいね! 月曜22時をお楽しみに!

【関連サイト】
「AVALON」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP