ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

事務作業の小さなイライラを解消 測ったらすぐ計算できるメジャー付き電卓

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


いつもの事務作業の小さなイライラを解消する電卓――メジャー付き電卓を使ったことはありますか? メジャーを使うとき、測った数値をいちいちメモして電卓に入力するのはけっこうメンドクサイもの。メジャー付きの電卓は、測りながら数値を記録してさくっと計算できるので便利なのです。事務作業やお部屋の間取り計算、ボディサイズの計算まで使える「おっ!」と便利なアイテムを2種類ご紹介します。


ダンスミュージックレコード(DMR)が販売開始した『Pocket Smart Strings』は、付属のメジャーで測った数値を記録して計算できる電卓。目盛り付きテープの代わりに強度のあるヒモをメジャーに採用し、どんな形のモノを測るときにもうまくフィットします。メジャーは電卓のなかに収納され、ふだんはスリムな電卓としてごく普通に使えます。


メジャーで測るときは、引っ張り出したヒモの長さを電卓側で認識。長さを決めたらいったん記録します。3回までなら、複数の計測値を記録しておいてあとで計算することも可能。宅配便や郵便に出す荷物サイズを測りたいときにもってこいですね。ヒモの長さは1m、この範囲であれば簡単な身体測定もできます。数値は、インチとメートルで切り替え可能。海外向けにインチ&フィートで計測したいときにも、わざわざ換算する必要はありません。水平器やライトも装備。手芸や日曜大工、アウトドアでは釣りなどにも使えそうですね。DMRオンラインショップでの販売価格は2480円(税込み)。


測った数値を「記録」はしてくれないのですが「単なるメジャー付き」なのが、アデッソの『レコーダー電卓』です。こちらもヒモ状のメジャーを採用しており、なぜか10秒間の録音機能付きです。たぶん、どうしてもメジャーから手が離せないときに「じゅ、16.78センチっ!」みたいに声で記録するということでしょうか? オフィスにもなじむシンプルなデザインで希望小売価格1050円(税込み)。

何かと測ることの多い人生を送る人におススメしたい電卓たちです。

※画像は『Pocket Smart String』ウェブサイトより引用
 

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP