ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

森のなかでこちらを見ているのは一体“何”だ? 『サプライズ』監督コンビの極秘スリラー『ザ・ウッズ』日本公開[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

全米での大規模公開を9月に控える今年注目のスリラームービーが早くも日本上陸決定。12月1日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他にて全国公開することが決定しております。

大学生のグループがキャンプで訪れた〝森″。自分たちしかいない場所のはずなのに、「なにか」が潜んでいることに気付いた彼ら。果たして、こちらを見ているのは一体なんなのか? そのヒントは現時点で公開されているたった一枚のビジュアルのみです。

この作品はまだ日本の配給・宣伝関係者も本編を観ることができず、その内容を一切知らないといいます。(私ももちろん知りません!) 世界で初公開となるのは7/22のコミコン(アメリカ・サンディエゴで開催)でのプレミア上映。果たして一体どんな反響があるのでしょうか……。

今作を手がけるのは、アニマルマスクの殺人鬼が登場するエンタメスリラー『サプライズ』、ダン・スティーブンスが無敵すぎる訪問者を演じた『ザ・ゲスト』、オムニバスホラーの人気作『V/H/S シンドローム』などを手掛けたアダム・ウィンガード監督と脚本家サイモン・バレットのコンビ。サウンドトラックにもこだわりがあり、いつも音楽から作品のテイストを決めていくという二人が今作ではどんな世界観を見せてくれるのかにも注目したいところ。また、アダム・ウィンガードはNetflixが制作するハリウッド版『デスノート』の監督にも抜擢されており、今後どんどんと注目度が上がっていくことが予想されます。

関連記事:異色スリラー『ザ・ゲスト』監督&脚本家インタビュー 「今作は『ターミネーター』の現代的なアレンジさ」

また、森に潜んでいるのは一体なんなのかを予想するアンケートが公式サイトで実施中。あなたの予想をぜひ投票してみてください。映画『ザ・ウッズ』は12月1日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他にて全国公開です。どうぞお楽しみに!

公式サイト:http://www.woods-movie.jp/

監督:アダム・ウィンガード「サプライズ」「ザ・ゲスト」
脚本:サイモン・バレット「サプライズ」「ザ・ゲスト」
出演:ヴァロリー・カリー、ジェームズ・アレン・マキューン、ウェス・ロビンソン

(C) 2016 Lions Gate Films Inc.  All Rights Reserved.

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP