ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファンはmust buy! 2組のバンドがお互いの曲をカバーしたスプリット・シングル

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜11時30分からの番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)。7月19日(火)のオンエアは、THE BAWDIESのROYさん、go!go!vanillasの牧達弥さんが登場しました!

別々のバンドのメンバーが一緒にゲストに来ることは珍しいのですが、その理由は7月20日(水)にTHE BAWDIESとgo!go!vanillasが2組でスプリット・シングル「Rockin’ Zombies」をリリースするから。2組でプロモーションをしているのだとか。

そもそも今回、なぜこの2組でスプリット・シングルを出すことになったのでしょう?

「もともと事務所が同じで、その事務所は僕ら2組しかいないんですよ。なので必然的に、兄弟みたいな仲であるということで」とROYさん。しかし、そんなに近い存在の2組にもかかわらず一度しか対バンをしたことがなく、それもgo!go!vanillasがデビュー前の時だったそうで…。

「だったら、ライブもっとやろうよ!ツアー回ろうよ!ツアーを回るんだったら音源出しましょうよ!となりまして、完成したのがこの『Rockin’ Zombies』です」(ROYさん)

「このスプリット・シングルを出すにあたり、お互いを意識して曲を作ったんですか?」とサッシャが尋ねたところ、何の打ち合わせも無く自分たちの好きなようにやり合い「全開で自分たちのロックンロールをぶつけ合う」という結果になったのだとか。

「やっぱり感じていることが似ている。音楽の愛し方とか発し方、熱量の伝え方、そういうのが似ているから…同じ事務所というのはあるんですけど、僕ら本当に『兄弟だ』と言ってるんですけど、それがここに詰まっている感じがしますね」(ROYさん)

牧さんも「お互いカラーがあるので、そこを出し合えば相乗効果になるな、っていうのがうまくハマりました」とのこと。

そして、このスプリット・シングル、期間限定盤が特におすすめだそうです。その理由は、お互いのカバー曲が収録されているから! THE BAWDIESは英語詞ロックバンド、go!go!vanillasは日本語詞のロックバンドですが、go!go!vanillasの曲をTHE BAWDIESが英語でカバー、逆にTHE BAWDIESの曲をgo!go!vanillasが日本語でカバーしているのだとか。

「今回のスプリット・シングルの半分くらいの魅力を占めているのが、このカバーだと思ってるんで。楽しんでいただくには期間限定版ではないと…」とROYさん。

カバーし合ったことにより相手の魅力、逆に自分たちのカラーも再認識することができたそう。できればぜひ、期間限定版を手に取ってみてくださいね♪

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP