ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自分の名前+Facebookで検索すると? 個人情報をダダ漏れしない“公開”設定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


Googleで「自分の名前」「Facebook」で検索してみたことはありますか? 『GREE』『mixi』などとは違い、あっさりと自分のプロフィールページが検索結果に現れ、しかも個人情報を“超オープン”にしていたことに気づいてショックを受ける人もいるようです。あなたのプロフィールは、希望する通りの「公開」設定になっていますか? ちょっと不安なら、今すぐチェックすることをおススメします。


 

プロフィールとウォールで「公開」の意味が違う

『Facebook』上で使われている「公開」という言葉の定義は、「ウォール」投稿と「プロフィール」でそれぞれに異なります。「ウォール」での公開設定は、「Facebook上の誰に公開するのか」を設定するもの。「公開」で投稿すると「すべてのFacebookユーザー」に閲覧されますが、「すべてのウェブユーザー」に見られるわけではありません。

ところが、「プロフィール」では「公開」と設定するとウェブ上で誰にでも閲覧可能になります。まあ、『Facebook』への登録は誰でもできますし、Facebookで「公開」している情報は、全ウェブユーザーに閲覧される「可能性はある」わけですが、やはりそれは意味が違いますね。
 

プロフィールが検索されなくなる設定変更


一般検索で『Facebook』プロフィールが引っかからないようにするためには、「プライバシー」設定を変更します。画面右上の「ホーム」の横の「▼」をドロップダウンして「プライバシー設定」を選択。「アプリとウェブサイト」の「設定を編集」をクリックします。


次に「一般検索」の「設定を編集」ボタンをクリックしてさらにページを移動し「一般検索を有効にする」のチェックを外せば、Googleその他の検索サイトであなたの『Facebook』プロフィールが表示されることはありません。


プロフィールの公開設定は、自分のウォールまたはプロフィールページ右上の「プロフィールを編集」ボタンから行います。「居住地は公開するけれど、出身地は友達だけ」というように、項目ごとに細かなカスタマイズができます。プロフィール編集時には、左側に「基本データ」「プロフィールと写真」「友達と家族」……と一覧が出ているので、見落とさないように気をつけてください。

『Facebook』は、今年夏にプライバシーに関する大幅な機能改善を行い、「詳細かつ手軽な設定」が可能になっています。時間のあるときに、プロフィールとプライバシー設定をじっくり見直しておくと安心できると思いますよ。
 

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP