ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゴッホの名画がジオラマに?チルシフト風にアレンジした画像に心が躍る♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

数々の名画を世に送り出したオランダ出身の画家フィンセント・ファン・ゴッホ

イラストレーターのSerena Malyonさんは、ゴッホの作品をチルシフト風にアレンジした画像作品を発表しています。

チルシフトとは?

最近流行しているチルシフトは、実際の風景がミニチュアのように見える写真撮影の技術。

背景や手前をぼかして遠近感を表現したり、彩度を上げてオモチャのような軽い質感にすることで、不思議な世界観を生み出すことができます。

専用のカメラのレンズもありますが、Serenaさんはゴッホ作品の画像をフォトショップで加工してチルシフト風に仕上げています。

さまざまな名画がジオラマ風に!

Serenaさんがチルシフト風にアレンジしたゴッホの作品は「ローヌ川の星月夜」、「花咲くアーモンドの木の枝」、「古いぶどう畑の農婦」など。

ゴッホの独特なタッチが目の前に浮かび上がってくるようで、作品の魅力を何倍にも増して感じられます。

思わず見入ってしまう、ユニークなアート作品ですね♪

Serena Malyon
http://www.serenamalyon.com/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP