ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョルダン、Android版「乗換案内」に人工知能を活用した列車の遅延予測機能を試験的に実装

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジョルダンは 7 月 19 日、Android 版「乗換案内」アプリを v2.7.0 にアップデートして、今話題の人工知能(AI)を活用した列車の遅延予測機能を試験的に実装しました。遅延予測機能は、列車のプローブ情報とアプリの「ジョルダンライブ!」への遅延投稿を AI に学習させて列車の予想遅延時間をタイムリーに表示するものです。AI が導き出す予測情報なので全く正確なものではありませんが、日々のデータを学習して進化するのでしだいに正確さが増していくと見られます。ジョルダンはこの新機能を関東地区 138 路線を対象に実証実験を行っています。試験期間は 7 月 19 日 ~ 9 月末日までです。その後は機能の有用性を確認し、正式リリースの判断が行われます。「乗換案内」(Google Play)

■関連記事
Y!mobile、「AQUOSケータイ 504SH」でアラームが鳴動しない問題を修正
Android向けのカーナビアプリ「NAVIelite」が駐車場シェアサービス「軒先パーキング」の駐車場検索に対応
Xiaomi、「Redmi Pro」を7月27日のイベントで発表へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP