体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小さいのに3200万画素の高解像度! 360度撮影カメラ「Nico360」はライブストリーミングにも対応

Nico全方位を撮影できる360度カメラは次々と新商品が出るホットな分野。これまでTechableではいくつも取り上げてきたが、今回は“世界最小”とうたう「Nico360」を紹介しよう。

小さいながらも3200万画素のイメージセンサーを搭載し、画質2560×1440、最大30fpsでビデオ撮影ができるというものだ。

・SDカードは不要!

Nico360がどれくらいコンパクトかというと、4.6センチ四方、厚さ2.8センチ。子どもの手にも収まるサイズでおもちゃのように見えなくもないが、前後にレンズ2つを搭載するれっきとしたカメラだ。

Nico2それぞれのレンズで捉えた映像は、つなぎ合わせモードを選択することで360度映像となる。

そして撮影した映像データをどこに保存するかというのはカメラにつきまとう問題だが、Nico360は32GBものストレージを内蔵していて、SDカードを用意する必要がないのは便利だ。

・手軽に生中継

また、Wi-Fiにつなげばライブストリーミングもできる。最近ではFacebookなども360度動画に対応しているので、撮影してすぐに自分のタイムラインにアップするという使い方もありだ。

Nico3Nico360は防水性を備えているので、アウトドアでのアクションを生中継したりするのにも良さそう。

正直、360度カメラはまだまだ高価。この点、Nico360の予定小売価格は199ドル(約2万1000円)と比較的リーズナブル。しかも今ならクラウドファンディングサイトIndiegogoで99ドル(約1万500円)の出資で入手できる。

360度撮影に初チャレンジするにはうってつけかもしれない。出資はあと1カ月ほど受け付ける。

Nico360/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。