ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヨーロッパで人気!おしゃれな変わり種ガスパッチョのレシピ3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヨーロッパで夏によく食べられるスープといえば、ガスパッチョ。スペインのアンダルシアで生まれた、野菜をミキサーでピュレ状にした冷静スープです。ガスパッチョといえばトマト、きゅうり、ピーマン、玉ねぎの冷製スープを思い浮かべますが、ここ最近では少し変わったガスパッチョスープがヨーロッパでは人気なのです。

3種類の変わり種ガスパッチョのレシピをお教えします。

■あわせて読みたい
簡単なのにカフェみたいな、おしゃれな朝食レシピ4選
【シェフ直伝レシピ】カフェのデリみたいなピクニックのお弁当レシピ3選
【レシピ】切って、焼くだけ!夏野菜たっぷりの絶品オーブン焼き
まるでカフェの味!一晩寝かせるだけの絶品レシピ「水出しアイスコーヒー」

きゅうりのガスパッチョ


(c)Nanako Kitagawa

【材料】二人分
きゅうり3本
ヨーグルト120グラム
ニンニク1/4片
林檎酢(お酢で代用可)大さじ1
パン一切れまたはパン粉大さじ2
オリーブオイル大さじ1
ミントの葉(5枚ほど)

【作り方】
1きゅうりは皮をおおざっぱに剥き、塩をまぶしておく。1時間ほどおいておく。
2きゅうりをしぼり、ミキサーにすべての材料を入れ、かき混ぜる。
3オリーブオイルや塩で味をととのえて、冷蔵庫で冷やしたらできあがり。

すいかのガスパッチョ


(c)Nanako Kitagawa

【材料】二人分
すいか8分の1
ニンニク1/4片
パン一切れまたはパン粉大さじ2
オリーブオイル大さじ1

バジルの葉5枚ほど

【作り方】
1すいかはざく切りにして、種を抜く。
2すべての材料をミキサーに入れ、かき混ぜる。
3オリーブオイルや塩で味をととのえて、冷蔵庫で冷やしたらできあがり。
またトマト1個を皮を剥いて入れてもいいです。より味に深みが出るすいかのガスパッチョになります。

もものガスパッチョ


(c)Nanako Kitagawa

【材料】二人分
もも1個
ニンニク1/4片
ヨーグルト120グラム
パン一切れまたはパン粉大さじ2
オリーブオイル大さじ1

【作り方】
1ももは皮をむき、ざく切りにする。
2すべての材料をミキサーに入れ、かき混ぜる。
3オリーブオイルや塩で味をととのえて、冷蔵庫で冷やしたらできあがり。

ガスパッチョはヨーロッパでは単に冷製スープとして食べられるのではなく、アレンジされてお洒落な前菜として人気があります。きゅうりのガスパッチョに海老を入れたり、詰め物のパスタ、ラビオリと一緒に食べたり、アレンジを楽しむことができます。

また、にんにく、オリーブオイル、パンを入れれば、色んな野菜や果物を組み合わせてガスパッチョを作ることも。自分だけのオリジナルのガスパッチョを作ってみるのもいいですね。

■あわせて読みたい
簡単なのにカフェみたいな、おしゃれな朝食レシピ4選
【シェフ直伝レシピ】カフェのデリみたいなピクニックのお弁当レシピ3選
【レシピ】切って、焼くだけ!夏野菜たっぷりの絶品オーブン焼き
まるでカフェの味!一晩寝かせるだけの絶品レシピ「水出しアイスコーヒー」

[photo by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP