ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「狂ったディズニーランド」の異名を取るベトナムのスイティエンパーク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月16日に上海ディズニーランドが開園しました! これからのホリデーシーズンに向けて、注目されている方も多いのではないでしょうか。けれど、同じアジアのベトナムに、「狂ったディズニーランド」と呼ばれる奇抜なテーマパークが存在することをご存知ですか?

「世界の有名テーマパーク12園」にも選ばれた場所


(C) Suoi Tien Park

フォトグラファーの佐藤健寿氏が世界選りすぐりの奇妙な人・物・場所を撮影した写真集「奇界遺産」の中で「狂ったディズニーランド」と呼んでいるのは、ベトナムのホーチミン市にある「スイティエンパーク」(Suoi Tien Park)。この写真のインパクトが強すぎてメッセージが伝わりにくいですが、ベトナム本来の「文化のルーツに戻ろう」をスローガンにしているテーマパークなのだとか。


(C) Suoi Tien Park

1995年に開園なので、既に20年の歴史があることになります。2008年には「世界の有名テーマパーク12園」に選ばれたこともあるので、世界的に注目を集めているのですね。


(C) Suoi Tien Park

面積は105万㎡もあり、東京ディズニーランドとディズニーシーを合わせた面積よりも大きいことになります(TDL/51万㎡、TDS/49万㎡で合計100万㎡)。

壮大な世界観に圧倒される園内


(C) Suoi Tien Park

園の面積も大規模ですが、何より壮大なのは園内のそこかしこに点在する巨大なオブジェたち。


(C) Suoi Tien Park

世界観に圧倒されますね!


(C) Suoi Tien Park

こういった写真を撮影しているだけでも、一日が終わってしまいそうです。ちなみに、このインパクトのある巨大な彫刻は、公式ホームページによるとベトナムの伝説的な帝王「雒龍君」(らくりゅうくん、LacLongQuan)のお顔を模したものだそう。


(C) Suoi Tien Park

ベトナム国民の70%を仏教徒が占め、歴史的関わりが深いことから仏教もモチーフのひとつに。なんと、お釈迦様が地球儀の上に乗っていたりしています。世界観のカオスっぷりに中毒性がありますね!

ワニ釣り体験も!?様々なアトラクション


(C) Suoi Tien Park


(C) Suoi Tien Park

テーマパークなので、スリリングなアトラクションも無数にあり、一日では回り切れないのではないかと心配になりそう。けれど、中でも筆者が一番注目しているアクティビティはこれ!


(C) Suoi Tien Park

ワニ園でのワニ釣り体験です! といっても釣り上げるわけではなく、主に餌やりなのですが。それにしてもこんなに至近距離でワニに餌があげられるなんて、これ以上ないスリルと興奮ではないでしょうか。ちなみにこのワニ園は入り口から一番離れた場所にあるので、時間配分にご注意を。


(C) Suoi Tien Park

観覧車で、高いところから園を見下ろす息抜きも素敵ですね。


(C) Suoi Tien Park

ありきたりなテーマパークに飽きたら、こんな奇抜な遊園地にも訪れてみてはいかがでしょうか。

※営業時間や入場料は公式ホームページから確認できますが、季節やイベントの有無によって変動があるそうです。余裕をもっての訪問をおすすめ致します。

[DISNEYLAND… VIETNAM STYLE]
[Suoi Tien Park]

■関連記事
世界遺産の古都、ベトナムのホイアンで時間旅行を楽しむ

http://tabizine.jp/2016/06/07/74716/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP