ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPadをより使いやすく!世界初の背面入力キーボード「T-BLADE™」が今秋発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

外付けキーボード不要で、iPadの入力ができる!タブレットユーザーにとって、この上なくうれしいアイテムが、今秋発売される。

横浜に拠点を置くT Solution Japanが発表したのは、世界初の背面入力Bluetoothキーボード「T-BLADE™(ティーブレイド)」。iPadに装着することで、本来のデザインや操作性を損なわないパフォーマンスを実現。モバイル端末の可能性を飛躍的に広げるプロダクトとして、各方面から注目を集めている。

・タブレットの入力速度が飛躍的にアップ

「T-BLADE™」最大の特徴は、背面に搭載されたQWERTYキーボード。本来のQWERTYキーボードと同様のキー配列の採用によって、通常のキーボード入力と、ほぼ同等の感覚で利用できるようになっている。

iPadの高度なディスプレイ認識性を損なわないよう、親指で操作するキーを画面の左右に配置。リターンキー、スペースキー、バックスペース、SHIFTキーの他、カーソルキー、特殊割り付けキーは前面に配置している。

指を使って画面を操作する必要がないため、両手でiPadを持ったまま、すべててのキー操作が可能。画面上に表示されるソフトキーボードを使うよりも、圧倒的に速くiPadの操作ができる上、画面領域を広く使えるという利点もある。

・スライドするだけの簡単セッティング

iPadにふさわしいシックなデザイン、軽量なフォルムも魅力だ。セッティングは本体にスライドさせるだけ。両手でしっかりと支えられるので、iPad単体を片手で入力する場合と比べて、安定性は大幅に向上する。

サイズは、縦175ミリメートル×横273ミリメートル×幅20ミリメートル。重量は、約370g(予定)。対応機種は、iPad air2/ iPad pro9.7インチ。販売価格は今のところ未定。どうやら、秋まで待つしかなさそうだ。

T-BLADE™

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP