体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オーガニック・ミュージックの代表格、ジャック・ジョンソンが放ったミリオンセラーアルバム『オン・アンド・オン』

家族を大切にし、環境を考える。酒・女・ドラッグとは無縁で、サーフィンを中心にした日常生活を歌にする。イメージとしてのロックスターとは真逆(ロックスターのみなさん、すみません)のミュージシャンがジャック・ジョンソンだ。90年代の終わり、地球温暖化が問題となり、スローライフやロハスといった生き方が脚光を浴びることになった。それと同時に認知されるようになったのがオーガニック・ミュージックだ。オーガニックとは、もともとは化学肥料などを使わない有機農業の意味だが、生楽器を中心にあまり電気的な処理をしない音楽を生み出しているジャック・ジョンソンは、まさにオーガニック・ミュージックの代表格で、今でも世界中で絶大な人気がある。今回は彼の代表曲「ロデオ・クラウンズ」が収録された『オン・アンド・オン』を取り上げる。
Jack Johnson『On And On』のジャケット写真 (okmusic UP's)

地球温暖化とロハス
90年代の終わり、地球温暖化(1)の問題が世界的に取り上げられ、CO2排出量の削減が叫ばれてからは、日本でもライフスタイルを見直そうという動きが活発になっていった。過剰な食品添加物の使用に警鐘を鳴らしたり、電気のや水の節約について語られることが増えた。また、有機農法が脚光を浴び、オーガニック食品に注目が集まっていく。忙しい生活からゆとりを取り戻して健康的に生きるというロハス(2)の考え方は、2016年の日本でも継続していると言えるのではないだろうか。
同じ頃、日本独自のスローライフ(3)という言葉も生まれ、社会全般に広まっていく。これに呼応したというわけではないが、音楽業界でも2000年代に入ると“ゆったりした”“生楽器が中心”“日常生活についての歌”を3本柱にしたリラックスできる音楽に人気が集まるようになっていく。

ノラ・ジョーンズとつじあやの
例えば、ノラ・ジョーンズの1stアルバム『Come Away With me』(‘03)は、ジャズ専門レーベルのブルーノートからリリースされたにもかかわらず、フォーク、カントリー、ソウル、ジャズなどをミックスしたフォーキージャズという新たなオーガニック系のジャンルとして広がり、全世界で2000万枚を超えるセールスを記録、エリン・ボーディーやマデリン・ペルーなど、多くのフォロワーを生み出している。
日本でも1999年にメジャーデビューしたつじあやのの音楽は、まさに癒やし系のオーガニック・ミュージックであり、2002年にリリースした「風になる」はオリコンで13位まで上昇し、その後もロングセラーを記録、大きなフェスなどにも引っ張りだことなる。
90年代後半以降に激増した日本の各大型ロックフェスでは、生楽器中心のミュージシャン等が気持ちよく演奏できるよう、少人数収容のステージを確保しているが、これもオーガニック系のミュージシャンやリスナーが少なくないことを証明するものだと思う。

映像作家としてのジャック・ジョンソン
ジャック・ジョンソンが世に知られるきっかけは、彼が撮ったサーファーの短編ドキュメンタリー『シッカー・ザン・ウォーター』(‘99)だった。そもそも彼は高校時代にプロサーファーとなり、大学時代は映像の勉強をしていた。自らもサーファーであったことから、プロサーファーたちのそれぞれの特徴を引き出すことに成功していて、サーフィン雑誌で最優秀ビデオ賞を獲得しているほどだ。
ジョンソンはこの映画を撮影するために各地に出かけ、トップサーファーたちと何日間かを一緒に過ごす。彼らは夜になるとジョンソンのギターと歌を聴きながら寝るという生活を繰り返していたそうだ。ジョンソンの代表的な楽曲は「ロデオ・クラウンズ」や「ホールズ・トゥ・ヘブン」も含め、この映画の取材時に作りためたものが多いそうだ。映画が完成し、映像のバックで流す音楽を録音することになり、ジョンソンは自分の曲を使う。そして、作品が公開される前から、ジョンソン自身知らないうちに、その音源は次々とコピーされ、サーファー仲間を中心に出回るようになる。

ベン・ハーパー、G・ラブとのつながり
ベン・ハーパー(4)のプロデューサーのJ・P・プルニエは、ジョンソンのサーフィン仲間であり『シッカー・ザン・ウォーター』のジョンソンの音楽に惹かれていたひとり。プルニエは例のコピー音源をハーパーに聴かせてみた。すると、ハーパーはジョンソンの音楽的才能を見抜き、実際に会って「レコーディングすべきだ」とジョンソンに助言までしている。それまでサーファー仲間とのパーティやミーティングでしか演奏したことがなく、ミュージシャンになることは考えてもみなかったジョンソンであったが、ハーパーの助言がきっかけで、ミュージシャンとしての活動をスタートさせる。まずはプルニエの紹介で知り合ったドラムのアダム・トポルとリハーサルを繰り返し、その後トポルの紹介でベースのメルロ・ポドゥルフスキが加入、以降は3人でライヴを行なうことが増えた。
熱烈なサーフィン好きとして知られるG・ラブことギャレット・ダットンは、もちろん『シッカー・ザン・ウォーター』を観ていたし、そこで流れるジョンソンの音楽にも興味を持っていた。ふたりはサーフィンをするために会い、その後ジャムセッションを始め、数時間後にはすっかり意気投合、一緒に音楽制作の約束をする。そして、G・ラブはジョンソンをスタジオに招き、ジョンソンの名曲「ロデオ・クラウンズ」を含む名盤『フィラデルフォニック』(‘99)をリリースするのである。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。