ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新撰組の新発見!謎の多かった新選組の幹部・斎藤一の写真が発見されました!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

江戸時代 幕末に尊王派を取り締まっていた新撰組の幹部として活動していた斉藤一(さいとうはじめ)。斉藤一の経歴をはじめとする情報は今でも少なく、写真すらも残されていない人物とされていました。

しかし、共同通信のニュースによるとこのほど斉藤一が生前に家族と共に撮影した写真が残されていたことが判明しました。その写真がこちら。

新撰組 斉藤一

画像出典:47NEWS

とても凛々しい顔立ちをしていますね。この写真は1897年(明治30年)に撮影された写真とのことで、斎藤は1844年生まれとされていますので53歳の頃の姿ということになります。

明治維新後も生き残った斎藤一について、明治30年の1897年に妻や息子2人と共に撮影した写真が残されていたことが15日、歴史研究家のあさくらゆうさん(47)や子孫らへの取材で分かった。
共同通信

ちなみにこれまで斎藤の姿は「長男・勉をもとに描かれた肖像画」という形で肖像画は残されていました。

長男・勉をもとに描かれた肖像画(Wikipedia

どうでしょう?目鼻立ちは結構近いような気もします。

新撰組の歴史やゆかりの人物の情報は歴史ファンの中でも注目度の高いものですので、今回のニュースに胸を躍らせている人も多いことでしょう。数十年の時を経てこういった新たな発見があるというのはワクワクしますね。

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

恐るべき縄文人のエネルギッシュさ!長野県の矢尻がなんと620kmも離れた北海道で出土
コロリ、安政の大地震…江戸時代の様々な災害資料をまとめた「天下大変」を国立公文書館が公開
さぁみんな、恋をしよう!江戸時代の恋話にスポットをあてた浮世絵展「浮世絵恋物語」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP