ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

錦織圭選手が日清食品の新社長に就任? テニスコート外での敏腕っぷりに密着

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

プロテニスプレイヤーの錦織圭選手が、所属会社である日清食品の新社長に? そんなウワサを聞きつけたガジェット通信は、日清食品の本社に突撃。社長就任の模様から初仕事の様子まで、その一部始終をレポートします!

通された先は、日清の社員でも滅多に入ることができないという社長執務室。部屋に中には、他にも多くの報道陣が集まっていました。

そうこうしているうちに、錦織選手キターー!

社長室の椅子にどっしりと構える錦織選手……改め錦織社長。すでに貫録たっぷりです。

「今日から日清食品の社長職に就きました、錦織圭です。日清と言えば面白い商品、面白いコマーシャル。それを超えられるようなアイデアを考えていきたいです」と、所信を述べました。

その後、マーケティング部のマネージャーより、7月4日に発売されたばかりの黄金カレートリオ『カップヌードル』『UFO』『どん兵衛』の販売報告を受けた錦織社長。

パッケージに錦織選手がデザインされた3品を目にすると、「僕もカレー味は好きですよ。カレー焼きそばは意外性があってイイですね。できるだけスーパーの目立つところに置いてもらってください。僕自ら営業に行きますよ!」と、見事なリーダーシップを発揮。

実はサッカーが大好きで、ACミランに所属する本田圭佑選手への憧れを明かした錦織社長。オーストリア3部リーグのSVホルンを経営するなど、ビジネス面でも手腕も発揮している本田選手について、「同じスポーツ選手として学ぶことが多い。凄く尊敬できます」と、理想のリーダー像を語りました。

続いて、7月18日(月)から新発売される『カップヌードル ミーゴレン』、およびリニューアルされる『カップヌードル トムヤムクン』『カップヌードル シンガポール風ラクサ』の試食をする錦織社長。社員一同は、最終の発売決済をもらえるか、冷や冷やしながら見守ります。

まずは『カップヌードル トムヤムクン』を実食です。……ん? ちょっと表情が険しくないか?

実は辛い食べ物が苦手な錦織社長。「なかなか辛いですね。僕は、あんまり……」と正直な感想を述べつつも、「エスニックの香りが強くて、好きな人には本格的な味わいを楽しんでもらえると思います」と大人なコメントで何とか切り抜けます。

それでも、続いて実食した『カップヌードル シンガポール風ラクサ』に関しては、「ココナッツ風味が利いていて、マイルドな甘辛さがちょうどいいですね」と太鼓判。新発売となる『カップヌードル ミーゴレン』も、「甘さの中にピリッとしたほど良い辛さがあって、すごく美味しいです」と大満足の様子でした。

というワケで、決裁書にもサインして無事に『トムヤムクン』も含めた3種類の発売が決定。7月18日(月)からみんなも食べられますよ!

そして、社長就任から30分ほど経ったところで、錦織社長から大切なお知らせが。

「今日は短い間でしたけど、社長風の時間が過ごせて楽しかったです。社長となるとたくさん責任も生まれてきますし、楽しいことばかりではないので、今はなるべく自分の本業に徹して、社長は辞めます!」

辞意を表明した錦織社長は、またテニスプレイヤーの錦織選手へと戻り、さっそうと社長室から退出していきました。なるほど、“一日社長”のプロモーションだったんですね。

8月に開幕するリオ五輪にも出場する錦織選手、これからも本業のテニスを頑張ってください!

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP