ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

目標額の5倍、2600万円の出資を達成!高速充電USBポート・AC/DCコンセント搭載、大容量20400mAhのモバイルバッテリー「Omnicharge」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いざというときに電池切れで使えなかった、なんてことにならないよう、出かけ先で電子デバイスの充電をおこなうことは日常茶飯事の出来事。

「Omnicharge」は、高速充電のUSBポートと、AC/DC両方に対応するコンセントつきのモバイルバッテリーで、さまざまな電子デバイスの充電に用いることができる。

5ボルト、4.8アンペアの高速充電USBポート2つ、コンセントソケット1つを搭載。コンセントは120ボルトのACコンセント、150ボルトのDCコンセントの両方に対応している。

・デバイスに合わせて電圧レベルを自動調整

「Omnicharge」の大きな特徴が、特許申請中の“Smart Power Management System”という技術が使われている点。

電子デバイスによって、充電する際に適切な電圧レベルが異なるが、システムが電圧の流入・流出を管理し、各電子デバイスに適切な電圧レベルに自動的に調整してくれる。

本体についているスクリーンに、充電の状態、予測充電所要時間を表示するのでわかりやすい。

・バッテリー容量が異なる2タイプ

バッテリー容量は13600mAh、20400mAhの2種類があるので、自分の好みで選べる。サイズは小容量タイプが約13×8.3×2.3センチメートル、重さが約380グラム。大容量タイプは12.7×12.2×2.5センチメートル、重さが約600グラム。コンパクトで軽量な仕様だ。

大容量タイプなら、スマートフォン最大9回分、デジカメ6回分、ラップトップ13時間分の充電がおこなえるというパワフルさ。

コンセントに挿して、照明やドライヤーの電源として用いる、なんてことも可能だ。

・Indiegogoで5倍超の資金を集める

クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を受付中で、目標金額5万ドル(約500万円)の5倍超となる26万ドル(約2600万円)以上を集め、注目されている。

市場販売予価は249ドル(約2万5000円)となる見込みだが、今なら早期予約価格129ドル(約1万3400円)で大容量タイプをオーダーできる。

Omnicharge

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP