ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

映画『スター・トレック』はヘタなコメディ映画より笑える秀逸な作品

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

世界中で愛されているテレビドラマシリーズの『スター・トレック』。サイエンスフィクションものとしては、映画『スター・ウォーズ』と肩を並べる人気の作品となっている。だが、両作品の違いは明白で、『スター・トレック』は “宇宙の探求” という部分に趣を置き、『スター・ウォーズ』とは違った緊張感やミステリアスなストーリーを楽しませてくれる。

そんな『スター・トレック』は数十年前からテレビシリーズが開始され、世界中にディープなファンが存在している。それゆえ今回公開される映画『スター・トレック』は、ディープなファンはもちろんのこと、今まで『スター・トレック』を観たことがないという人たちも楽しめる作品にしなくてはならず、監督と脚本家の腕の見せ所といわれていた。ガジェット通信編集部は一足先に作品を鑑賞。「監督は良い腕を見せてくれた」とハッキリ言える作品になったことを保障する! なにより、ヘタなコメディ映画より笑えるから驚きだ。

映画『スター・トレック』は、非常に秀逸な笑いを提供してくれる。その手法をストーリーのネタバレをせずに解説しよう。カークとスポックが登場するこの映画では、そのふたりがどのような出会いをして信頼を得ていったかが語られている。両者はテレビシリーズ『スター・トレック』にて重要な人物であり、ふたりのファンは多い。そんなふたりの掛け合いのシーンで、誰もが笑える恋愛にまつわるトークをし劇場を沸かせた。“恋愛” というものは、誰でも理解できるものであり両者のキャラクターを知らなくても把握でき、そして笑えるものである。そんなやりとりをカークとスポックがするものだから、ディープなファンも笑わずにはいられない。

そう、映画『スター・トレック』は同じポイントでディープなファンも『スター・トレック』初心者も笑えるネタを仕込んでいるのである。「そのキャラクターじゃなきゃ笑えない」という流れは皆無で、「このシーンは笑える。しかもこのキャラクターだからさらに笑える」というネタが満載なのである。

そんな良質な笑いを楽しめる映画『スター・トレック』は、21世紀を代表する期待を裏切らない映画になっていることを保障しよう。ちなみに、カップルで観に行ったとしても、彼女がSFにウトかったとしても、しっかり楽しめるのでご安心を(このニュースの詳細記事はこちら)。

作品名: スター・トレック
公開日: 5月29日(金)より丸の内ルーブル他全国ロードショー
公式サイト: http://startrek2009.jp/
(C)2008 Paramount Pictures. Star Trek and Related Marks and Logos are Trademarks of CBS Studio Inc. All Rights Reserved.
 

■ほかにもこんな映画や芸能マスコミのニュースがあります
『プリズン・ブレイク』の最終回は涙を出して喜ぶ内容! 全米に衝撃が走る
世界が注目する映画『ターミネーター4』! カンボジアでは偽ターミネーターも
「ググる」がセリフとして初めて登場した洋画はコレだ!
がんばれ『GOEMON』! って、どう頑張ればいいの……
ドイツの仮装大賞が “欽ちゃんの仮装大賞作品” をモロパクリ!

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。