ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドレイク&リアーナ、闘病中に出会った少女の死を哀悼

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ドレイクとリアーナが7月10日、ガンとの闘病で亡くなった一人のファンに哀悼の意を示した。2人は以前、マイアミでのショーの後にメイク・ア・ウィッシュ財団(Make-A-Wish Foundation)を介して彼らの大ファンである同少女に会っていた。

 ミーガン・フローレス(14)は今年3月に憧れのミュージシャン達とご対面。ドレイクは感動のあまり、「この曲たちをミーガン・フローレスに捧げる。君が良くなることを毎日祈ってるよ」と書いて自身のニューアルバム『ヴューズ』を彼女に捧げていた。

 そして7月10日、ドレイクはインスタグラムに「俺のエンジェルよ、安らかに。天国は今日お祝いしているだろう」とのキャプションとともに彼女の写真を投稿した。進行性転移肉腫との闘いの末、この前日に亡くなったフローレスを追悼した。

 フローレスの話に心を動かされたリアーナも、今年4月に3人で撮った写真をインスタグラムに再投稿。「地上の天使に会えて嬉しかったわ! ……そこには私を待っている笑顔がいつもあった! あなたはどんな日でも明るくしてくれた! ゆっくり休んでね! 寂しくなるわ!」と綴った。

関連記事リンク(外部サイト)

ドレイク、リアーナの話に触れクリス・ブラウンを口撃
リアーナ&ドレイクの「ワーク」が米シングル・チャートを制す
歌モノも柔軟に熟すドレイクのポップ・カルチャーを意識した充実作『ヴューズ』(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP