ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フランツ・フェルディナンドを脱退したニックが妻と新たなプロジェクトをスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年7月8日に、バンドのSNSにてフランツ・フェルディナンドを脱退することを発表した、ギタリストのニック・マッカーシーが、妻のマヌエラと新たなユニット、マヌエラを結成したことを発表した。

 先週、家族との時間を優先したいとの理由で、フランツ・フェルディナンドの次回作の制作やツアーには参加しないと発表したニック・マッカーシー。同投稿で、プロデュースやこれまでとは全く違うものを書くことに専念したいと綴ったニックによる新たなプロジェクトとなるマヌエラは、シンガーソングライターで、ボックス・コダックスのメンバーでもある妻とのデュオ。

 <Lost Map Records>から発表されたマヌエラの1stシングルとなる「Cracks in the Concrete」は、ダンサブルなダンス・ロック・ナンバーで、ニックがロンドンに所有するスタジオにてレコーディングされた。現在デビュー・アルバムも制作中で、フランツのポール、ミステリー・ジェッツのウィリアム、ヴェロニカ・フォールズのロクサーヌ、ジャンゴ・ジャンゴのジムらが参加しているとのことだ。

◎「Cracks in the Concrete」音源
https://soundcloud.com/lostmap/manuela-cracks-in-the-concrete

関連記事リンク(外部サイト)

フランツVSスパークス、驚きのコラボ・アルバム『FFS』より更なるシングル「Johnny Delusional」が公開
フランツVSスパークス、コラボアルバムリリース決定&新曲を公開
フランツ・フェルディナンド 人気“夜聴き”コンピのキュレーターに、アレックスによる朗読やエクスクルーシヴ・カバー収録

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP