ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロマンティック街道だけじゃない、ドイツの観光街道7つの魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中世の時代には自由都市や小さな領邦国家の集合体だったドイツは地域ごとにまったく異なる表情をもつ国。そんなドイツには150もの観光街道があります。

観光街道とは共通する特徴をもつ街の連なりで、そこをたどればテーマをもった旅ができるようになっています。日本で圧倒的な知名度をもつのは「ロマンティック街道」ですが、それだけでドイツの魅力は語りつくせません。

ロマンティック街道を含めたドイツの主要な7つの観光街道をご紹介しましょう。

■あわせて読みたい
【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第3回ドイツ編」
【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第4回「ドイツ・ロマンティック街道のレトロ可愛い町へ」
在住者おすすめ!欲しくなる、行きたくなるドイツのお土産おすすめ8選

エリカ街道


ハノーファー王家ゆかりのハノーファー

北ドイツのシュターデからプレーンを経由して、ハノーファーにいたる10都市からなるルート。夏になると絨毯のようにエリカの花が咲き乱れることからこの名がつきました。ハンザ同盟都市が連なり、北欧に近いことから北欧的な重厚感をもつ街並みも見られる興味深いエリアです。


「北ドイツの真珠」とうたわれるツェレ

エリカ街道沿いにあるドイツ第2の都市、ハンブルクはドイツ最大の港町。

100年以上前に建てられた赤レンガの倉庫が並ぶ倉庫街や647もの部屋をもつ市庁舎、ドイツ最大級のハンブルク市美術館など見どころも多彩で、港町らしいエネルギーに満ちています。

メルヘン街道


グリム兄弟の生誕地ハーナウ

北はブレーメンからカッセルを経て南はフランクフルト近郊のハーナウまで、グリム兄弟ゆかりの地を結ぶ街道です。ハーナウはグリム兄弟の生まれた街、そしてブレーメンはご存じ「ブレーメンの音楽隊」で音楽隊が目指した港町です。


グリム兄弟が大学に通ったマールブルク

グリム童話のはじまりは、1812年に出版された「子供と家庭の童話集」でした。ドイツ人が愛してやまない森を舞台とするグリム童話はドイツ文学の原型として評価されています。メルヘン街道の街では童話にちなんだコンサートや演劇などのイベントも多く、童話の世界が体感できます。


古くからの大学都市ゲッティンゲン

南北に長いため、北欧的な街並みから木組みの家が並ぶドイツのイメージそのままの街並みまで、変化に富んだ風景も魅力です。

メルヘン街道を代表する都市ブレーメンはドイツ北部、ヴェーザー川沿いに位置する活気あふれる街。

街の中心をなす市庁舎と平和と権利のシンボル、ローラント像は世界遺産に登録されています。

ゲーテ街道


バロックの古都ドレスデン

その名の通りドイツが世界に誇る文豪ゲーテゆかりの地を結ぶルート。
ゲーテ生誕の地フランクフルトからゲーテが魅了された古都ドレスデンまでを東西に結んでいます。


花の都エアフルト

ゲーテゆかりのスポットがもっとも多いのが、ゲーテが生涯の大半を過ごした街、ヴァイマール。

ゲーテが1782年から1832年にその生涯を終えるまで暮らした「ゲーテの家」などが残されています。
ヴァイマールはドイツ・クラシック文化が花開いた街でもあり、「ヴァイマール 古典主義の都」として世界遺産にも登録されています。

古城街道


おもちゃの街ニュルンベルク

西はドイツ南西部の街・マンハイムから、東はチェコのプラハまでを東西に結ぶ街道です。
名前が表す通り古城が連なるルートで、古城ホテルに泊まれるのも楽しみのひとつ。


世界遺産の旧市街をもつバンベルク

ハイデルベルクからハイルブロンに至るネッカー渓谷沿いにはとりわけ美しい城が多く、古城街道のハイライトといえます。

古城街道を代表する街がハイデルベルク。

旧市街を見下ろす高台に古城が立つその街並みはゲーテやショパンといった芸術家をも魅了しました。

ノスタルジックな雰囲気が漂う路地散策も楽しい街です。

ロマンティック街道


ノイシュバンシュタイン城

北はヴュルツブルクから、南はノイシュバンシュタイン城のお膝下、フュッセンに至る、南ドイツを南北に縦断するコース。
中世の面影を残すかわいらしい街の数々はやはり一度は訪れてみたいものです。


「中世の宝石箱」と呼ばれるローデンブルク

なかでも、ほぼ完全な形で残っている中世の城壁に囲まれた街がネルトリンゲン。

1500万年前に隕石が落下してできた盆地にできた円形の街は真珠のような美しさ。
マンガ「進撃の巨人」のモデルになったのではないかと噂され、近年注目を集めている場所です。

ファンタスティック街道


温泉都市バーデン・バーデン

ドイツ南西部の街バーデンバーデンから、シュトゥットガルトを経由しメーアスブルクまでを結ぶ街道。


ボーデン湖畔の街メーアスブルク

森や湖といった豊かな自然と多彩な見どころをもつこのエリアにはドイツのイメージが凝縮されています。

この街道で絶対に見逃せないのがドイツ屈指の名城、ホーエンツォレルン城。

ドイツの歴史上最も重要な城で、現在の姿は1867年に再建されたものです。
標高855メートルの山頂にそびえるその様子は孤高の美しさをたたえています。

アルペン街道


ドイツ最高峰ツークシュピッツェ

ドイツ初の観光街道として誕生したのがアルペン街道。

西はスイスとの国境に近いボーデン湖畔の小島、リンダウから、東はオーストリアとの国境の街ベルヒテスガーデンまでアルプスの山々に沿った景勝ルートです。


オーバーアマガウ近郊のリンダーホーフ城

ドイツ・アルプスの高い山々を抱くベルヒテスガーデンはかつてヒトラーが別荘を建てたことでも知られる景勝地。

近郊のケーニス湖では、切り立った岩壁に囲まれたケーニス湖と赤い屋根の聖バルトロメー僧院が織りなす美しく神秘的な風景を目にすることができます。

7つの観光街道と街道沿いの街の数々。ドイツには日本ではあまり知られていない魅力あふれる街がたくさんあります。

ぜひ今まで知らなかったお気に入りの街を見つけてください。

■あわせて読みたい
【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第3回ドイツ編」
【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第4回「ドイツ・ロマンティック街道のレトロ可愛い町へ」
在住者おすすめ!欲しくなる、行きたくなるドイツのお土産おすすめ8選

[All Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP