ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GENERATIONS「涙」がホット・バズ・ソング1位に、Flower「やさしさで溢れるように」は動画再生回数首位をキープ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、YouTube、GYAO!のみで計測する“ホット・バズ・ソング”。今週は、2週連続で首位を守った藤原さくら「Soup」を抜き去り、GENERATIONS from EXILE TRIBEの「涙」が首位を獲得した。動画再生回数は56位にとどまったものの、Twitterでは6月13日付チャート以降10位以内をキープ。本作はHOT100でも今週、首位を獲得しており、コアファンからライトユーザーまで幅広く獲得している様子が感じられる。

 2位は、今週最もダウンロード数が多かった平井堅「魔法って言っていいかな?」が獲得。メディアの露出に伴い、動画再生回数が前週より30位も上昇した結果と言えるだろう。そして今週4位に初登場したのは桑田佳祐「大河の一滴」。シングルのタイトル曲「ヨシ子さん」はTwitterとYouTubeで、一方の「大河の一滴」はダウンロード数で上位を獲得するという、同じアーティストでも浸透するメディアに違いが見えた。

 動画再生数で一位をキープし続けているのはFlower「やさしさで溢れるように」。動画再生は一度、話題を呼ぶと長く聴き続けられる傾向にあるが、来週以降も再生回数は伸び続けるのか注目したい。
◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG (2016年7月4日付)
1位 GENERATIONS from EXILE TRIBE「涙」
2位 平井堅「魔法って言っていいかな?」
3位 Flower「やさしさで溢れるように」
4位 桑田佳祐「大河の一滴」
5位 SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle「Into the Sky」
6位 コブクロ「未来」
7位 VIXX「花風」
8位 藤原さくら「Soup」
9位 NMB48「僕はいない」
10位 Kis-My-Ft2「YES!I SCREAM」

関連記事リンク(外部サイト)

Billboard JAPAN HOT 100
GENERATIONS「涙」13.9万枚を売上げ総合首位、平井堅ダウンロード1位
【Chart insight of insight】桑田佳祐はなぜ今もチャート上位に入るのか? 2曲同時に上位ランクインの秘訣。

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP