ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ナイフで押すと肉汁じゅわり! “爽やかガッツリ”なデニーズの大麦牛100%ハンバーグ5品を食べてきた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

うだるような夏の暑さがやってきた。これだけ暑くなると、さっぱりとした味付けの料理を食べたくなるが、お肉をガッツリ食べて暑さに負けないパワーも手に入れたいところだ。

そう考えながら街を歩いていたら、まさに今の気持ちにピッタリなノボリが視界に飛び込んできた。


デニーズでは7月5日から、「夏のハンバーグフェア」を開催。大麦牛100%のハンバーグ5品と、ジューシーさとふっくらとした食感で人気の合挽きハンバーグ5品の計10品をラインアップしている。

デニーズは昨夏も、大麦牛100%ハンバーグを前面に押し出した「大麦牛ハンバーグフェア」を展開した。

今年はさらに改良を重ね、使用する肉の部位を厳選。赤身の旨味、脂身のコク、そして食感のバランスにこだわったという。

肉のひき方も、ひき肉から粗めのカットへと変更し、肉感をより味わえるように。詳しくは後述するが、実食したところ、しっかりとした牛肉の味わいとあふれる肉汁、同時にハンバーグならではの食べ進めやすさがあり、まさに家族の誰もが楽しめる一品に仕上がっていた。

気になる大麦牛100%ハンバーグの味はどうだったのか。5品すべてを食べてきたので、それぞれレビューしていこう。

 

大麦牛100%ハンバーグ ~デミグラスソース

まずは定番の一品から。大麦牛100%の実力はいかほどか、ナイフで押して試してみた。

肉汁がじゅわじゅわと湧き上がってくるのがよく分かる。

ハンバーグを切ろうとしているのだが、弾力があってすぐには切れない。ようやく切れたハンバーグを口に入れてみると、普段食べ慣れているハンバーグとは明らかに違う。小気味よい肉の弾力を感じられ、“肉”を食べている満足感がある。ひき肉から粗めのカットへと改良を加えた成果だろう。

味わいは焼き付けられたハンバーグ表面の香ばしさに、デミグラスソースが抜群のコンビネーション。ソースはタマネギの甘さを十分に引き出し、比較的さらっとしていて重くない。塩分も適度で、ハンバーグに上からかけてもよし、カットしたハンバーグをディップするように浸けるのもよし。ソースをたっぷり絡めても、しょっぱくないのはうれしいところだ。

余談だが、ハンバーグの下に敷いてあるタマネギにも肉汁とソースがよく絡む。主役のハンバーグを盛り立ててくれるおいしさだ。

 

大麦牛100%ハンバーグ ~おろしソース

夏にはさっぱりとハンバーグを食べたい。そんなときは迷いなく、おろしソースを頼もう。

ハンバーグの上の大根おろしだけでなく、ソースにもふんだんに大根おろしが使われている。口に含むと肉汁がジュワっと広がり、その後にシソと大根おろしがすかさず口中をリセット。牛肉特有のクセも気にならず、どんどん食べ進められる。

大麦牛100%ハンバーグ ~黒にんにくソース

黒にんにくソースとは、発酵熟成させた栄養満点の黒にんにくを使用したソース。従来のにんにくのようなきつい香りがなく、甘みが増すのが特徴だ。

この黒にんにくを生かした醤油ベースのさらっとしたソースは、バルサミコのような魅惑的な甘みがあり、大麦牛100%ハンバーグと絶妙のハーモニーを奏でる。上に乗ったナスが香ばしく、牛肉との相性はばっちりだ。

 

柚子胡椒と自家製ポン酢のさっぱり大麦牛100%ハンバーグ

この夏のデニーズ、一押しのメニューというところだろうか。ひときわ涼しげに見える一皿だ。

ハンバーグの上にはシャキシャキのスライスタマネギ。ポン酢のさっぱりしたソースに加えて、好みで使える柚子胡椒が添えられている。この柚子胡椒が肉の脂をさっぱりと食べるのに最高! ほんのひとつまみを加えるだけで、十分な存在感がある。

本品は鉄板に乗って提供されないため、暑い日でも涼しい気分で食べることができるだろう。

 

ビーフ&大麦牛100%ハンバーグ

大麦牛100%ハンバーグと牛ロースのカットステーキが乗ったなんとも贅沢な一品。肉好きにはたまらないメニューだ。

ソースの選択肢はおろしソース、にんにく醤油ソース、黒にんにくソースの3種類とのこと。今回は香ばしいにんにくチップの入ったにんにく醤油ソースを選択した。ロースステーキはミディアムレアで柔らかな口当たりだ。

大麦牛ハンバーグと盛り合わせでかなりのボリューム、食べ応え抜群の一皿だった。

「同じハンバーグでも、ソースによってここまで印象が変わるのか!」と面白いように感じることができた。皆さんにもぜひ、全メニュー制覇にチャレンジしてもらいたい。

 

デニーズ 夏のハンバーグフェア

http://www.dennys.jp/menu/summer-hamburg-fair/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP