ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ドラゴンボールZ』の名主題歌をスティーヴ・アオキがリミックス、新ゲーム向けに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日系アメリカ人DJ/プロデューサーのスティーヴ・アオキが、人気テレビアニメ『ドラゴンボールZ(Dragon Ball Z)』の新たにスタートするビデオゲームのサントラに、あの有名主題歌のリミックスを提供することが明らかになった。IGNが伝えている。

 スティーヴ・アオキがリミックスを手掛けるのは、『ドラゴンボールZ』お馴染みの名主題歌「CHA-LA HEAD-CHA-LA」や「WE GOTTA POWER」などで、PlayStation 4およびXbox One版が10月25日に、PC版が10月28日にそれぞれ北米で発売されるゲームソフト『ドラゴンボール ゼノバース2(Dragon Ball Xenoverse 2)』に提供するという。またその見返りとして、同DJはゲーム内の主要都市にノンプレイヤーキャラクター(プレイヤーが操作しないキャラクター)として登場し、ファンと交流するそうだ。

 スティーヴ・アオキはIGNに対し、「ドラゴンボールで育ったからね、同シリーズに自分の才能を捧げ、個人的な影響を残せるチャンスに俺は飛びついたよ」と話している。

◎Dragon Ball XENOVERSE 2 – Anime Expo Trailer
https://www.youtube.com/watch?v=H7nDUSUFSvw

関連記事リンク(外部サイト)

スティーヴ・アオキの新作にブリンク182ほかパンク・ロッカー多数参加
スティーヴ・アオキ、長年交際したモデルのガールフレンドとハワイで挙式
スティーヴ・アオキ、フォール・アウト・ボーイとのSF的コラボMVを公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP