体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミラーレス動画の世界へようこそ『SONY NEX-5N』本気を感じる動画機能とあたらしいEマウントレンズ

NEX-5N

動画に一番本気なのは、ソニーなのかも知れない。
動画機能を搭載したミラーレス一眼カメラは増えるばかりだが、正直なところほとんどが“オマケ”の域を出ていない。「これだったら普通にビデオカメラで撮ったほうがいいんじゃないか」と思わされることも少なくない。
そうした中にあって、NEX−5Nの動画への本気度は、際立っている。

アマチュアが手にすることができる範囲のカメラで、「表現」のツールとして選べる動画カメラは実はとても少ないと思う。知るかぎりにおいて最右翼はPanasonic GH2。というかGH1も含めたGHシリーズだろう。
筆者自身、初めて購入した一眼ムービーカメラがGH1だったのだが、このカメラで動画撮影をすると楽しくて仕方がなかった。液晶モニターにうつる映像は紛れもなく目の前にある現実の景色を切り取ったものなのだが、不思議なほど情感のこもったショットにして再現してくれる。

そして、今回のNEX−5Nだ。
まず、たたずまいが良い。スタイリッシュなだけでなく、「道具」としての信頼感がある。親しみやすさを強調するでもなく、懐古趣味に傾倒するでもなく。といって無骨なだけでもなく。
かんじんの、映像の質も実に良い。特に今回の作例では「リッチトーンモノクロ」という撮影モードを多用しているが、高解像度、高階調、そして美しいボケによって描き出されるしっとりとしたモノクロ映像は、撮影しながらときにうっとりとした気分にさせられることさえあった。
静止しているようで、微かに動いている。つぶれているようで、微かに見えている。こうした微妙ともいえるディテール描写が、感動を左右することは多い。細かいトーンの違いに徹底的にこだわる写真の世界に、動画の世界も近づきつつあるのを感じる。

ミラーレス・ムービー2強(私が勝手にそう決めつけているのだが)の一方であるパナソニックが、「女流」なのか「ファミリー向け」なのかと決めかねている(ように見える)一方で、NEXシリーズは一本道を進みつつある。11月に発売される上位機種・NEX-7を旗艦として、年内に次々と発売されるレンズ群が深みを加えることになるだろう。今回は、その中から特に魅力ある3本のレンズを使って、作例ムービーを撮影してみた。
「SONY NEX-5N with new E-mount lenses (Carl Zeiss24mmf1.8/ 50mmf1.8/ 16mmf2.8)」
http://www.youtube.com/watch?v=gEP3dMdQvnc

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会