体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベーカリーカフェも人気!日本最大級のドッグランもある愛犬のためのリゾート

東京から約55分。2016年4月にソフトオープンした、千葉県八街市に位置する、愛犬のためのリゾート施設「小谷流(こやる)の里 ドギーズアイランド」。約100万平方メートルの敷地に、ドッグランスペースやドッグプール、リゾートホテルがあり、ドックランの敷地面積は日本最大級なのだとか。

「ここでうちの子を遊ばせたい!」と、ワンコを連れて出かけてみました。

■あわせて読みたい
【伊豆】海とつながっているような露天風呂!愛犬と泊まれる「福の湯」
http://tabizine.jp/2015/03/01/31999/

日本最大級のドッグランにワンコ興奮!東京から55分のリゾート施設

(C) doggys island

最長約60メートルの直線を持つドッグラン

日本最大級のドッグランにワンコ興奮!東京から55分のリゾート施設

(C) kelly

着いてみてまずその広さにため息。小型犬用、中・大型犬用、貸切の全面天然芝のドッグランがあり、中・大型犬用ドッグランには最長約60メートルの直線が! 豊かな自然の風景が残る里山を生かした全長1.2キロ(2016年6月現在)の散策路「フォレストウォーク」では、森林浴をしながら散歩が楽しめます。

ほかにも、夏におすすめのドッグプールやじゃぶじゃぶ池など、敷地内には、遊びきれないくらいのプレイポイントが点在。スタッフの方の話によると、ここを訪れるのが楽しみで、施設に近づくとそれを察知し、興奮しはじめる常連のワンコもいるそうです。納得。

飼い主はテント式カバナでの~んびり!?

日本最大級のドッグランにワンコ興奮!東京から55分のリゾート施設

(C) kelly

施設にはドッグトレーナーが常勤しているので、しつけについての相談をすることも可能。また、小型犬ドッグランにはテント式カバナがあり、ワンコが元気に遊んでいる間、飼い主は日陰で休憩を取ることもできます。

日本最大級のドッグランにワンコ興奮!東京から55分のリゾート施設

(C) doggys island

愛犬とともに過ごすことができるホテルも併設。すべての客室には、足洗い場、愛犬用アメニティや、クッション、食器、愛犬用タオル、トイレシーツ、消臭剤、粘着クリーナー、プープバッグなどが用意されていて、至れり尽くせり。

併設のベーカリーカフェは地元の人にも人気!

日本最大級のドッグランにワンコ興奮!東京から55分のリゾート施設

(C) doggys island

敷地内のレストラン「ザ フォレストテラス」では、愛犬とともに過ごせるのはもちろん、地産地消をテーマに、千葉県・八街の食材を使用。地元の素材を取り入れたパンやオーガニックジャム、ハチミツなどを取り揃えた、ベーカリー カフェ「小谷流ベーカリー」のパンは、近隣の人々にも評判でパンを買い求めに足を運ぶ人もいるそうです。なかでも八街名産ピーナッツが入ったクリームをサンドした「小谷流コッペ」や「カレーパン」が人気が高いそう。

日本最大級のドッグランにワンコ興奮!東京から55分のリゾート施設

(C) kelly

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会