ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上級公務員から劇団へ…無収入の7年過ごした村井雄

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜19時からの番組「ANA WORLD AIR CURRENT」(ナビゲーター:葉加瀬太郎)。7月2日のオンエアでは、劇団「開幕ペナントレース」主宰の村井雄さんが登場。演劇との出会い、初海外にしてニューヨーク公演を敢行したエピソードなどを聞きました。

2006年に「パフォーマンスとは破壊力だ!」という理念のもと、日本人特有の新たな身体表現を追求する劇団「開幕ペナントレース」を立ち上げた村井さん。2009年には3作品目にして、ニューヨークで初の海外公演も成功させ、以来、そのシュールな世界観は海外で高く評価されています。

演劇界に新風を巻き起こしている村井さんですが、実は演劇の世界に入ったのは24歳のとき。それまでは全く演劇とは無縁で、東京都目黒区の公務員だったのだそう。当時、「何かやりたい」と思っていた村井さんが、新たに始めるものとして選んだのは、身一つでできる演劇。その出会いとは?

「演劇をやっていた同期のワークショップに一緒に行っていたんですが、そうしたらおもしろがってもらえて『毎週来い』と。それがだんだん積み重なって有休がなくなって、当時の係長に演劇をやめるか、公務員をやめるかと迫られたんです。東京都の特別区23区上級公務員だったんですけど、30何年ぶりに辞めたやつだと。しかも無収入で辞めるのは僕が始めてだと言われました。そこから地獄の7年間の無収入が始まるわけです」(村井さん)

そんな村井さんがブレイクするきっかけになったのが、劇団旗揚げ3作目にして敢行したニューヨーク公演。そのきっかけは、ある方の一言だったのだとか。「1作目を見てもらった先生みたいな人に、『もう海外に行け』って言われたんですね。『あまりにも意味がわからないから』と(笑)」(村井さん)。

その言葉をきっかけに、ネットであらゆる世界のフェスティバルディレクターに無作為に何百通とメール送ったところ、返信があったのが、ニューヨークのエレナさん。ネットでのやり取りしかないエレナさんを頼りに、不安のまま、初公演にして、初海外となるニューヨークへ。無事エレナさんと会え、ニューヨークで上演した舞台が「ROMEO and TOILET」。最初の公演はたった5人の観客しかいなったのだとか。ところが、その公演がNew York Timesの劇評に掲載されたことで、2回目の昼公演からはお客さんが溢れかえったのだそう。

「なんかわからないけどおもしろいから観に行ったらいい、みたいな記事が載ったらしく。その反応の速さはすごかったです。お客さんの反応が直接わかるということ、そのお客さんが必ずどこかに広めてくれるという信頼感、それはすごく自信になりました」(村井さん)

「よくわからないけど、おもしろい」、そんなふうに誰かに伝えたくなる村井さんの演劇。演劇ならではの人から人へ伝わる熱気が、現在の村井さんの活躍へとつながっているのでしょうね。

【関連サイト】
「ANA WORLD AIR CURRENT」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/worldaircurrent/

N.Y.に突如現れた“後悔を書き込む黒板”が話題(2016年06月16日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/ny-4.html

宮本亜門 引きこもりからブロードウェイへ導いたのは「母の言葉」(2014年11月18日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2014/11/post-884.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP