体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】圧倒的な森のチカラ!噂の汁なし坦々麺を食べてみた @『雲林坊』

yourin-nasi017_R

秋葉原の食事情を網羅するガジェット通信の“秋葉原制覇”ですが、とにかく飲食店が多いのでネタが尽きないというか、終わりが見えません。

恐らく筆者(YELLOW)が端から端まで攻め終わった頃には、また端っこの方に新しい飲食店が出店してそうな予感で御座います……。

しかし!

逆に言えばネタ的には尽きないわけでして、書く事がなくなって四苦八苦するよりは100倍マシな可能性は否めません。

秋葉原で坦々麺が食べたいと思った

yourin-nasi011_R

そして、いつものように秋葉原を徘徊し、それとなく美味しそうな店を探している筆者に、ある衝動が生まれました。

「めっちゃ美味い担々麺が食べたい!それも汁なしで!!!」

yourin-nasi013_R

自らの手で製麺し家には坦々麺の元となる“芝麻醤”(業務用サイズ)まである筆者ですが、よく考えてみたら秋葉原で坦々麺を食べた事がありません。

まさに“灯台下暗し”とは、この事ではないでしょうか?

そんな自分にジャストな店が、この『雲林坊』(ゆんりんぼう)で御座います。

yourin-nasi012_R

今、秋葉原で一番注目されている坦々麺&汁なし坦々麺の店でして、秋葉原の中心地よりも離れているにも関わらず、常に行列を形成する人気店で御座います。

yourin-nasi014_R

秋葉原と神田をを行ったり来たりする筆者的に、ちょうどルートの真ん中辺りにあるので以前から気になっていたのですが、並ぶのがチョー面倒なので華麗にスルーしていました(テヘペロ)。

噂の『汁なし坦々麺』を食べてみた

yourin-nasi018_R

この日もすでに4軒目、もはやボリュームが少ないに越した事はありません。

と、言う個人的な事情もありますが、やはり本場中国の坦々麺に敬意を表して、ここは『汁なし坦々麺』(880円)を食べてみようと思います。

結果、こんな感じの写真ですが何か?

yourin-nasi021_R

もはや麺が見えないレベルに色々なモノがかかっていて、動揺を隠せない筆者で御座います。

「これは……汁なし坦々麺なのか?」

麺が主役と思っていたのに、麺が全然見えないとか不安以外の何者でもありません。

yourin-nasi022_R

筆者が知っている坦々麺とのビジュアル的なギャップを脳内補完する事が出来ず、未だに間違えたメニューが運ばれて来た可能性を疑ってしまいます。

yourin-nasi023_R

一応は挽肉的なモノも肉眼で確認出来ましたが、色が同じなのでまるで目立たないのは仕様で御座います。

圧倒的なナッツヂカラ!

yourin-nasi020_R

坦々麺と言えば“赤い食べ物”なはずですが、この『雲林坊』の『汁無し坦々麺』は赤くありません。

「っていうか、ナッツ類しか見えなくね?」

中国の成都にある奴をインスパイアしているらしいのですが、この尋常ではない木の実感は、成都よりも町田の“リス園”辺りにありそうな予感です……。

確かに坦々麺に“松の実”は必須ですし芝麻醤も胡麻的な何かですが、ちょっと攻め過ぎなのは否めません。

しかも松の実よりも落花生(ピーナッツ)の方が割合が多いと言う、謎仕様で御座います。

森の動物達であれば涙を流して喜ぶ可能性大ですが、普通に美味しい『汁なし坦々麺』を欲していた筆者的には盛り上がる要素が皆無です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。