ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食品サンプルよりリアル!米国発の極小フードアートが凄過ぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本が世界に誇る「食品サンプル」。

外国人観光客のお土産としても人気がありますが、アメリカを拠点に活動すKim Cloughさんは、驚くべきフードアートを手掛けています。

・極小サイズで驚きのシズル感

とっても美味しそうな骨付きのお肉♪

肉厚でかなりボリューミーに見えますが、横に見える指のサイズがおかしい…。

Kimさんのフードアートは、手のひらに収まるほどのミニサイズが特徴。

しかしながら、食べ物の質感などを見事に表現し、シズル感は実物大の食品サンプルと変わりません。

いや…本物の食品と変わりません!

・さまざまな食べ物を再現

Kimさんは、お肉などの食事メニューからスイーツまで、幅広い食べ物をミニチュアサイズで作成しています。

ここからは素敵な作品の数々をお楽しみください♪

どうでしたか?

ミニチュアと分かっていながら、サンプルと分かっていながら、お腹が鳴った人も少なくないのでは?

作品は他にもあり、公式サイトで公開されているので、あなたもチェックしてみてはいかがでしょうか☆

Fairchildart Miniatures
http://fairchildartminiatures.com/

・ミニチュア(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP