体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】ラーメン?カレー?秋葉原でオムライスを食べてない奴www @『神田たまごけん』

demi-kinoko034_R

秋葉原のリアルに美味しい店をお届けする、ガジェット通信の“秋葉原制覇”ですが、基本ラーメン、応用カレーになるのは否めません。

なぜなら秋葉原の7割はラーメンとカレーで構成されているからです。

しかし!

筆者(YELLOW)も流石にラーメンやカレーばかりを食べるのもシンドイので、たまにはオムライス的なご馳走を挟んでみるのもオツな予感で御座います。

オムライス専門店『神田たまごけん』

demi-kinoko001_R

というわけで、『神田たまごけん』に訪れてみた筆者です。

路地の奥にあるのでスマホでナビっても微妙に迷うロケーションですが、分かりやすく言えば牛丼専門店『サンボ』の横を入ればオッケー牧場な予感です。

demi-kinoko000_R

っていうか、秋葉原の地理に詳しければ周知の事実なので言う必要はないのですが、あえて言おう!

「むしろ『サンボ』の横道を入る以外の選択肢はない!!」

むさ苦しい店が多い秋葉原において、この『神田たまごけん』の爽やかさは一服の清涼剤でして、比較的女子層がソロで入るとしても難易度は低めかと存じます。

美味しいオムライスを支える厳選素材!

demi-kinoko003_R

米は青森県産の“まっしぐら”、卵は高原採卵農場の“伊達男卵”とコダワリ具合が半端ありません。野菜も毎朝、大田市場から仕入れています。

さらに店の看板とも言える“デミグラスソース”は注ぎ足しと寝かせを繰り返した自信作との事。

まさに死角無しの布陣ではないでしょうか?

demi-kinoko004_R

ちなみにコチラの新鮮な野菜を使ったピクルスが激ウマで食べ放題で御座います。

『ハヤシキノコチーズオムライス』を食す!

demi-kinoko002_R

なんとなく季節限定のオムライスにも惹かれてしまいますが、ソコは記事優先という事でデフォルト系なスタンダードメニューを選ぶ必要があります。

ということで、普通に『ハヤシキノコオムライス』(790円)を食べようと思ったのですが、華麗に券売機のボタンを押し間違えて『ハヤシキノコチーズオムライス』(890円)の食券を購入してしまいました。

demi-kinoko035_R

しかし!

結果オーライで御座います。チーズが入った所で美味しくなるだけであり、デメリットがあるとすればカロリーがアップするくらいでしょうか?

demi-kinoko036_R

まさに「これぞオムライス!」と言った感じの優雅なビジュアルですが、その味の方はどうなのでしょうか?

オムライスとしての完成度が高い!

demi-kinoko038_R

オムライスと言えば“フワトロ卵派”“卵薄巻き原理主義者”で戦争になりがちですが、筆者はどちらも好きなので問題ありません。

demi-kinoko037_R

『神田たまごけん』のオムライスは“フワトロ”な奴ですが、さすがに卵にコダワッテいるだけあって味の方はマーベラスで御座います。

demi-kinoko039_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。