ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

思わずウットリ♡削れば小さな“お花”が現れる色鉛筆が素敵♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デザイナーの三澤遥さんが発表したこの色鉛筆は、「絵を描く」ことなく、素敵な作品を生み出すというコンセプトがとっても素敵なんです☆

・「削る」アート作品

鉛筆削りで鉛筆を削ったとき、削りカスが目を見張るほど美しい造形になったこと、あなたもありませんか?

そんな日常の些細な経験をヒントに生まれたこの「紙の花」は、紙の積層の魅力を生かした“削るアート作品”。

鉛筆状の細長い紙の巻物を鉛筆削りで削ることで花が咲きます。

削り方により出来上がる花の形が変わるので、ひとつとして同じ花はできません。

また、削るたびになくなっていくという儚さも本物の花のようで、命あるものの美しさを感じさせてくれます。

・机の上に咲く小さな花

紙の花びらは、そっと机の上に咲かせておくと、視界に入るたびにその美しさで心を癒してくれそうですね。

商品化を期待したい、とても素敵なデザインです☆

MISAWA DESIGN INSTITUTE
http://misawa.ndc.co.jp/PAPER-FLOWER

花(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP