ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

設楽統×森山直太朗 「絶対に這い上がる!」と鼓舞してくれた、「どん底」時代を支えた10曲

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 バナナマン・設楽統と森山直太朗が、それぞれ人生の節目で心に響いた「大切な音楽10曲」をテーマに、人生を語り合うNHK Eテレ『ミュージック・ポートレイト』に登場する。

 テレビ番組出演本数が日本一に輝いたバナナマン・設楽統。情報番組からバラエティー、司会からリアクターなど幅広く活躍。一昨年から2年連続で紅白ウラトークの司会を努めるなど、いま最も売れている芸人のひとり。相方の日村勇紀とのコントも、独特の笑いの世界で、一世を風靡している。しかし、栄光の陰には、デビュー後、「テレビ向きではない」と言われ続けた苦闘の日々があった。「絶対に這い上がる!」設楽を鼓舞してくれた歌とは……。

 一方、美しい言葉とメロディーで独特の世界観を持つシンガーソングライター・森山直太朗。120万枚のヒットを記録した代表曲「さくら」。人々の心に深く刻まれるこの名曲「さくら」には、知られざる苦悩の物語があった。「この歌を届けたい!」その一心で、ギター1本を抱え、全国をまわり歌い続ける日々。そして、成功の後に訪れた「どん底」……直太朗を支えた歌とは。

 誕生日が一緒で3歳違いの同世代。プライベートでも仲の良い二人だからこそ「本音」が語られる。第1夜では人生の前半1曲目から5曲目までを紹介、第2夜は人生の後半6曲目から10曲目までを紹介する。

◎NHK Eテレ『ミュージック・ポートレイト』設楽統×森山直太朗
第1夜:7月7日(木)22:00~22:44
第2夜:7月14日(木)22:00~22:44

関連記事リンク(外部サイト)

ひとりで未来の地図を描いていく… スパガ ツアーファイナルで勝田&荒井卒業「アイドルも人間と忘れないで」
メンバー2名がLA留学のチキパ 新体制は増員無し、入れ替え激しい現在のアイドルシーンで不変を貫く覚悟
GEM 10人体制最後のアクト「待ってて下さい!」~大躍進予感させる新体制パフォーマンス展開“新たな戦いの狼煙”

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP